めじろ台駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

めじろ台(-だい)とは、目白にあるはずなのにない駅、都会の秘境駅のことである。

概要[編集]

めじろ台というのは東京都にある駅である。近くには目白駅という駅があり、JR東日本一社が走る駅になっている。このめじろ台は、京王電鉄の運営する駅であり、高尾山に向かうための途中駅とされてきた。しかし、その存在意義はとても疑われている。京王電鉄に関しては新宿から調布へ走るから、目白に来るのは不自然でないか、また高尾山はとても遠く、新宿より遠いのになぜ高尾山への途中駅になったのかなど、頭の固い辞典物事を考えられぬ人達がブーイング。今はほぼ利用者のいない静かな駅になっている。都内にありながら、ほぼ誰も乗ることのない秘境駅として、現在でも名を馳せているのである。

駅の由来と役割[編集]

利用者のいない静かな駅だとされているが、この駅の由来は「近くの団地の名前がめじろ台」というものである。目白にある団地だからめじろ台…なのだが、この駅の周辺に団地は見当たらない。あるのは縦横無尽に走る計画性のある道路だけ。バスが適度に止まってはいるものの、乗客はおらずという事態になっている。都会らしからぬこの静けさは、駅内だけでなく駅の外にもあったわけである。一応この駅には全種別が停車することになっているが、これはただの時間調整であり、深い意味はないものと思われている。

駅が作られた背景[編集]

京王電鉄は新宿から高尾山へ向かい、中央線を相手にする競合私鉄の道をとった。しかし、ただ新宿から発車するだけでは客が呼び込めず、なおかつ小田急と同じ西口にホームを構えているため、交通の便も非常に悪かった。そこで、池袋方面から線路を伸ばし、東武鉄道西武鉄道などから客を直接引っ張ろうとしたのである。でも、池袋にはどうしても辿りつけず、結局その手前の目白で手を打つことになった。目白からは離れているし、インパクトを求めて、めじろ台という名前をつけた。しかしほぼ全ての列車は新宿発着であり、めじろ台に来る列車はほぼないとされている。

関連項目[編集]

Gomen.jpg この「めじろ台駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)