もったいないお化け

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「もったいないお化け」の項目を執筆しています。

もったいないお化けとは、1985年目撃されたUMAである。

概要[編集]

1985年の最初の目撃例によると、ひとりの男が4人の子供を晩ご飯に呼んだが、子どもたちはそれぞれ晩ご飯の大根人参きゅうりなすを嫌いと言って残した。すると夜中に、豆、きゅうり、なす、大根、人参、米の頭で、体は人間の体という生き物目撃した。生物を撮った映像が残されているが公共広告機構大学の研究場から逃げたした生物ではないかと言われており、もったいねぇ、もったいねぇーと鳴くようだ。この映像はマンガジャパンムカシバナシフィルムと呼ばれた。

前述したもったいないおばけは過激派でもったいなさを尊ばないものは殺すという考え方だが、穏健派はもったいないの思想をひろめるだけである。しかし穏健派もバブル期における膨大なもったいなさの念を蓄積しパワーアップし、憑依能力を身に付けたため軽視できなくなった。とりつかれてしまうと語尾が「もったいないになる」(例、超おなかへったしぃ〜♪♪もったいない。)、缶のコーンスープを買ったときコーンをすべて食べようとするなどの症状が出る。

有名な憑依した人物はワンガリ・マータイルー大柴などが挙げられる。マータイはもともと環境問題に興味を持っていおり、木を植えることをやっていた。その心を見透かしたもったいないお化けは彼女が日本にやってきた際に取り付き、ケニアに進出、急激な勢いで世界に勢力を伸ばしている。ルー大柴は「MOTTAINAI 〜もったいない〜」という歌を歌いだし、歌を使ってもったいないをTogetherさせようとしている。

また、2013年には某大手携帯電話会社のCMにもその姿が目撃されている。

たべものを大切に[編集]

♥公共広告機構                                               

 目撃映像[編集]

関連項目[編集]

人はこのもったいないお化けの事を嘘だとかいい加減とかいうかもしれない。
でも、見たんだから仕方がない。行ってきたんだから仕方がない。
間違いない、太鼓判。 (Portal:スタブ)