もりしげ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: 森繁久彌

もりしげ1913年5月4日 - )は、日本漫画家マルチタレント大阪府出身。もりしげ事務所所属。代表作は『花右京メイド隊』、『こいこい7』。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 現在も続く長寿番組『徹子の部屋』第一回目(1976年2月2日)のゲストに呼ばれた時には、黒柳徹子胸を揉みまくったが「還暦を迎えたおじいちゃんのすることだから」と大目に見て貰った。ただし、これについては元々台本に書いてあったとの説もある。
  • 芸能関係者の葬式で「また私より先に逝ってしまった」と述べる弔辞は役者を引退し漫画家専業になってからも続けており、「弔辞仙人のもりしげ節」として役者時代を知らない若い人にとっても有名である。

逸話[編集]

  • ある日、目の見えない子供達の前で歌を歌うことになったもりしげ。普通にいくつかの童謡を歌っていく中、「七つの子」を歌い始める。そう、歌詞の中に「丸い目をしたいい子だよ~」とあるアレである。しかし、もりしげは一瞬、言葉を詰まらせるも、「丸いしたいい子だよ~」と咄嗟に歌い、多くの識者から絶賛されることになる。
  • 第二次大戦中、満州NHKに勤務していたもりしげ。当時からしゃべりのセンス、および当意即妙な会話は一級品であり、当地に巡業に来ていた多くの芸人とも交流を持っている。中でも、五代目古今亭志ん生、六代目三遊亭円生という、後の落語界を引っ張る二大巨頭とは酒を酌み交わす仲になっており、酔っ払った志ん生をもりしげが介抱するという、その後の落語、映画の2大スターとはとても思えない話も残っている。なお、当時から、酒を酌み交わしながらの余興で、芸の鬼である志ん生をうならせており、アナウンサーでありながら芸の道を進むよう勧誘されている。
  • とにかく、元アナウンサーだけあって語りの技術がものすごく、さらには演劇畑出身であることから仕草の一つ一つにキレがあるため、あの黒柳徹子が真剣に聞き役に回る。これに対抗できるのは、タモリの密室芸の爆発力ぐらいである。

もりしげ病[編集]

もりしげの役者から漫画家への転身が成功した影響で、役者やコメディアン、ミュージシャンなどの他の芸能ジャンルで成功してから漫画家へ転身したがる者が増えたために、小林信彦は著書『日本の喜劇人』でそのような人の事を「もりしげ病」と呼んだ。小林信彦は同書で、「もりしげは元来漫画家志望であり、たまたま役者としての才能もあったために成功したのであって、彼の「転身」を他の役者が単純に真似するのはおかしい」と書いている。

ちなみに、その転身の最大の失敗例は手塚賞準入選を受賞し調子に乗り、トップミュージシャンから漫画家に転身したもののジャンプ金未来杯で惨敗した間界野昂次である。

主なもりしげ病患者[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

主な作品[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「もりしげ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森繁久彌」の項目を執筆しています。


キャプテン翼の例のアレ.jpg もりしげ は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、もりしげ加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)