ゆうパック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ゆうパックとは、日本郵便が販売する箱(または袋)およびそれを利用した荷物輸送サービスのこと。ただし、必ずしも郵便局指定の段ボールや袋を使わなくてもよいので、肉まんの具に使用された段ボールに荷物を詰め、箱の上部に専用の宛名ラベルを貼付すればゆうパックとして送付する事も可能。輸送中に破損または紛失する可能性があるため、決して生身の人間を箱や袋に入れて送付してはならない。黒猫並みのサービスを目指しているらしいが、レベルが上がったという話はあまり聞かない。現在業務内容を変更し、生物を効率よく肥料に変える業務を主としている。

ゆうパックの集配センター。失われた聖櫃宇宙人の死体もここを通して米国に発送される

利用法(基本)[編集]

  1. 郵便局へ行く。
  2. 時々愛想の悪い職員がいるが気にしない。
  3. ゆうパックを購入する。
  4. マンコ・カパックを購入する。
  5. 荷物を入れる。
  6. 宛名を書く。
  7. 恥ずかしがらずに自分の名前も書く。
  8. 郵便局の窓口に出す。
  9. サイズが1~2cmオーバーだった場合、まけてもらえることがあるので交渉してみよう。
  10. 相手方へ電話その他の手段で連絡を入れる。

裏技[編集]

  • 購入したパックにブラックホールを入れる。それから好きなものを入れたい放題。一番小さい箱に引越し荷物を一式入れることも可能。取り出す方法があれば完璧だ。
  • 50円切手を貼ってポストに入れる。
  • 自分で荷物を持っていく。

利用実態[編集]

代金引換ゆうパックでなおかつ内容が「パソコン部品」と記載されているものは、中身が裏DVDと疑ってよい。

この項目「ゆうパック」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)