ゆきなみ型護衛艦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ゆきなみ型護衛艦(ゆきなみがたごえいかん、JMSDF DDH YUKINAMI class)は、海上自衛隊が保有するイージス艦。こんごう型の能力向上型として1990年に艦隊防空能力の向上を目的として導入が決定した。

一番艦ゆきなみの竣工は2000年。自衛隊が保有する護衛艦の中では最大規模の排水量を誇る。ゆきなみ型は海上自衛隊に配備された第2世代のイージス艦で、計5隻が建造され護衛艦隊隷下の1個護衛隊群に1隻ずつ配備されており、艦隊防空の要となっている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゆきなみ型護衛艦」の項目を執筆しています。

概要[編集]

かつて日米貿易摩擦対策で購入された「こんごう型」による、イージス艦導入は高価な買い物ながらそれに引き換えられるほどに、自衛隊艦隊の防空能力向上の発展と次世代艦隊のあり方についてのガイドラインを示す事なった。

次世代88艦隊(航空機搭載護衛艦1隻、ヘリコプター護衛艦2隻、通常型護衛艦8隻、ミサイル護衛艦5隻)への変更や 近年における北朝鮮のテポドン等の弾道ミサイルへの対応と各国が積極的にイージスシステムの導入を決めている事も有り、防衛省統合幕僚本部を中心として、艦隊への更なる防空能力向上と不足されていた対地攻撃能力の強化としてイージス艦の追加導入を決定することになった。

なお、当艦がDDH(ヘリコプター護衛艦)とされたのは、艦隊防空を行いつつ対潜ヘリによる対潜哨戒と搭載偏向翼機による作戦能力の向上に伴い、ヘリコプターを搭載しないDDG(ミサイル護衛艦)をバックアップの為とDCVHへの艦種変更に伴う空番を埋める為に決定されたがあたご型の建造後DDGにもヘリコプターが搭載されるようになり現在ゆきなみ型はDDHからDDGに種別変更となっている

なお、アメリカのイージス艦同様に自衛艦としては初めて対地攻撃用のトマホーク巡航ミサイルが搭載されているほか、センサー等の技術も国産化が図られており防空専門のこんごう型よりも防空戦闘能力の向上が図られているが、その分排水量が増加している。なお、イージスシステムは3番艦まで最新鋭のベースライン7を導入している。

こんごう型からの変更点[編集]

ゆきなみ型はこんごう型イージス護衛艦をベースとして、こんごう型に不足されていたヘリコプター整備運営能力と対地攻撃能力の向上の開発されたが、その他の基本的な能力はほぼ同様である。

次世代のイージス護衛艦として自衛隊を代表する水上艦艇の一隻でもある。

しかし、後部の61セルはすべてシースパロー専用のVLSに退化させられた。

よって、スタンダード、トマホーク、アスロックは29セルでやり繰りしなければならない。なので「DDH」という艦種で正しい。

みらい消失事件[編集]

日米新ガイドラインによる南米エクアドル争乱における邦人救助として、エクアドルの派遣が行われる事となった。「イージス艦はあまりにも高性能であるため派遣をするべきではない」などの意見があったが、政府は2002年末に派遣を決定した。

派遣の理由としては

  1. 司令部機能を持つ護衛艦のローテーションが組みやすくなる。
  2. 高い情報処理能力を持つため安全性を確保しやすい。
  3. 居住性がよいため乗員の負担が軽減できる。

当三番艦「みらい」は派遣艦隊の一隻として派遣されるが、6月4日中部太平洋ミッドウェイ島沖にて低気圧に巻き込まれた同艦は突如として通信を途絶した。

事件当時、「みらい」には、艦長含め乗員241名と取材のために同乗していたフリーカメラマン一人の計242名が乗艦していた。 なお、残骸と同じで一人として生存者を見つけ出すことは出来なかった。

その後海上自衛隊及び米海軍も含め当海域を中心に捜索するも、残骸すらも発見する事は出来なかった。

日本海軍からの歴史を含め、戦没ではなく跡形無く船が消滅した事件としては、1886年に建造後フランスから回航中に消失した巡洋艦畝傍(うねび)以来であった。

防衛省はみらい消失に伴う代艦として、平成14年度計画艦にゆきなみ級同様ヘリコプター搭載能力のある「改ゆきなみ型」あたご型護衛艦1番艦のDDG-177「あたご」を盛り込み、三菱重工長崎造船所で現在艤装中である。あたご型はゆきなみ型計画時に提案されながら技術的・予算的課題より実現しなかったマスト及びヘリ格納庫のステルス形状の導入や国産地対艦誘導弾SSM-1が採用されており、「ゆきなみ型の完成型」とも言える艦になっている。

なお、 アニメ、ジパングはこのような奇妙な「みらい」の消失を、「「過去へのワープ」」として物語を作っている。 このアニメ、「ジパング」の登場で「イージス艦「みらい」は空想の船であること」が噂になり、あやふやになってしまっている。

スペック[編集]

  • 全長:171m
  • 全幅:21m
  • 深さ:12m
  • 喫水:6.3m
  • 基準排水量:7,735t
  • 満載排水量:9,998t
  • 機関:石川島播磨重工業製LM2500ERガスタービン×4基(COGAG方式) 2軸推進
  • 機関出力:100,000PS
  • 最高速力:30kt+
  • 乗員:241名(うち航空要員25名)
  • 航続距離:4500海里-20kt(予測値)
  • レーダー
    • 対空レーダー AN/SPY-1D×4
    • 対水上対空レーダー OPS-28D×1
  • 射撃指揮装置
    • ミサイル管制 Mk99/SPG-62×3
    • 127mm砲管制 81式射撃指揮装置2型21(FCS-2-21)
  • ソナー
    • 艦首バウソナー OQS-4低周波ソナー
    • サイドソナー OQS-21フランクアレイソナー
    • 曳航ソナー SQR-19 TACTAS
  • 電子戦装置
    • ESM/ECM NOLQ-2
    • チャフ発射機 US Mk 137×4
  • 武装
  • 艦載機
    • MVSA-32J 多目的哨戒偏向翼機×1
    • SH-60J/K哨戒/救難用×1

同型艦[編集]

DDH-180→DDG-180 ゆきなみ[編集]

DDH-181→DDG-181 あすか[編集]

DDH-182→DDG-182 みらい[編集]

DDH-183→DDG-183 あおば[編集]

  • 建造:三菱重工業長崎造船所
  • 竣工:2002年4月20日
  • 所属:第4護衛隊群第64護衛隊
  • 母港:佐世保
  • 艦名の由来:青葉山から
  • 同一名称艦:重巡青葉

DDH-184→DDG-184 はるか[編集]

  • 建造:石川島播磨重工業東京第1工場
  • 竣工:2003年1月20日
  • 所属:第8護衛隊群第64護衛隊
  • 母港:
  • 艦名の由来:一般公募
  • 同一名称艦:なし

関連項目[編集]

外部リンク[編集]