よだかの星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

よだかの星(-ほし)とは、カシオペア座周辺に位置する一等星である。

概要[編集]

よだかの星はカシオペア座周辺で青く光り夜空の中でひときわ輝いている。ただカシオペア座周辺とは言っても相応に距離があり孤立している。地球から見れば天の川を超えた先を望遠鏡で覗くとよだかの星を見つけることが出来る。本当に周辺には星がないため間違えようがないと天体観測初心者からは人気である。

よだかの星という名前は天文学者のNightjarがカシオペア座を観測したついでに見つけられたことに由来する。こんなにも輝く星を今まで見過ごしていたというのはある意味よだかの星に対するいじめである。

性質[編集]

よだかの星は超新星とされ、カシオペア座の1等星であるシリウスよりも明るい。青白く光るのは彗星の箒のようなものであり質量は軽いと考えられる。恒星であるため人類はおろか生物が住み着くのは絶望的であり、学のない人類視点からみればあってもなくてもどうでもよい星である。ただ、天文学者にとってはダークマターが広がる宇宙の中で孤立している星はめずらしく、天体観測における支点の役割や、恒星が他の星の影響を受けない場合の研究にはうってつけの素材として重宝されている。

伝承[編集]

カシオペア座には組み込まれていないものの、星座の中で目立つ位置にあるよだかの星は占いで大活躍し、よだかの星は孤立を意味する星として占星術界で認識された。また様々な伝承のモデルともなっており、伝承を元にした物語の数も伝承の数に比例して増えていった。そのなかでもよく代表作として挙げられるのが宮沢賢治のよだかの星である。

宮沢版よだかの星の概略はというとあらゆる鳥にハブキにされ、鷹からは自分の名をつけず市蔵という名に変えろとなじられ、よだかは現実に絶望する。よだかは森から離れ太陽とともにあるべく太陽に向かって特攻するも、太陽からすら拒絶される。太陽に拒絶されたよだかはオリオンやわし座の近くまで飛ぶも頭を冷やせとか金を持ってこいとか言われて拒絶され、ついに天の川を超えてカシオペア座の近くまで行くと、漸くカシオペア座から遠く離れた場所で星となるならいいだろうと居を構えさせてくれるところで話が終わる。

これは太陽によって羽を溶かされ墜落する人間を描いたギリシャ神話イカロスが着想と国文学者は考えているが、死なせてすらもくれないという意味では宮沢版のほうがある意味残酷である。よだかは星になるという目的のためにたった一人光り続けることを強いられた哀れな星なのである。あの青き光は悲哀の色なのであろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「よだかの星」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]