アイコンタクト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アイコンタクト」の項目を執筆しています。

アイコンタクト(独:Ikon takt 英:Icon baton)とは、スポーツなどで相手にサイン等を送る際に使われていた小さな棒のこと。

概要[編集]

目(正確にはまぶたやまつ毛)に直接、あるいはその近くに付着させることができる。そしていつでも取り外して使う事ができた。しかし小さい故に見逃す事も多く、「もう少し大きくならないのか」という批判もあった。また使う人の個性が出るため、アイコンタクトの使い方が特徴的だったという人も少なくはなかった。

歴史[編集]

アイコンタクトがいつの時代に誰が発明したかは未だに明らかになっていない。しかし、かなり古い時代から使われている事が知られている。事実、1732年に書かれたといわれている日記には、「(略)演奏者はそれぞれアイコンタクトで合図を送り~」と書かれており、この頃から普通に多くの人がスポーツ以外にも使われていたことが分かる。

中世ヨーロッパの時代にできたのではないか、という説が有力だったが1992年考古学者アンセル・リーンらによって発見された、古代エジプト時代に描かれた壁画にアイコンタクトらしき物が使われている事が描かれており、今まで有力だったこの説を完全に覆した。

主な使用法[編集]

状況によるが、例えばサッカーで相手の方向にパスを出す、というときに、その相手に向かって突っつくように軽く降る、というような小さな動きが多い。(わざとパスしない相手に降るというフェイントも多かった)また、監督が信頼している選手にたいしてアイコンタクトのみを使ってサインを送り、あとは選手に任せる、という事もあった。

危険性[編集]

しかし最近になって、興奮した選手が、相手選手の目にアイコンタクトをぶち込んだり、「意味もなくアイコンタクトでサインが来た」という勘違いが多くなっってきたのを理由に、近年は使われなくなった。これには一部のファンは失望。「あの選手のアイコンタクト捌きは素晴らしかったのに」「もっと見ていたかった」等の声が聞かれた。しかし、その性質上、裏社会では未だに使われている模様で、アイコンタクトを使った犯罪が今も絶えない。

ちなみに、遠くにあるアイコンタクトが見にくいが眼鏡をかけるとアイコンタクトが出せない、という希望で作られたのがコンタクトレンズである。これは、本来アイコンタクトレンズという名前だったのが、いつしか略されコンタクトレンズという名になったのである。

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「アイコンタクト」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)