アイランドトンネル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アイランドトンネル(あいらんどトンネル)とは2つのアイランドを結ぶ海底トンネルである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「海底トンネル」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日韓トンネル」の項目を執筆しています。

建築された目的[編集]

かつて日本掃除大臣だった小泉純一郎日沈む国など様々な鬱陶しいやつらがたくさんいて領土を取りそうだったため、トンネルを作ってちゃんと日本の領土であることを目立たせるために作ろうとした。ただし堂々とやってしまうと反対に遭ってしまうため、バレないようにこっそりと海底に作っておくことにしたため、何やら本末転倒なことになってしまった。あの島ともアイランドトンネルで結ばれているかもしれない。

建築方法[編集]

全てのトンネルが労働者をほとんど使わず、国内すべてにある(203台)旧トルクメニスタン製の「ナマズー1号」をフル稼働させて掘られている。かもしれない。

様々なアイランドトンネル[編集]

開通済み[編集]

  1. ホンシュー・アイランドキューシュー・アイランドを結ぶトンネル。(別名:カンモントンネル
  2. ホンシュー・アイランドとホッカイドー・アイランドを結ぶ鉄道トンネル。(別名:セーカントンネル

計画中[編集]

  1. ホンシュー・アイランドとアメリカーン・アイランドを結ぶトンネル。
  2. ホッカイドー・アイランドとクナシリ・アイランドを結ぶトンネル。
  3. オキ・アイランドタケ・アイランドを結ぶトンネル。

その他[編集]

  1. ミヤケ・アイランドオキノトリ・アイランドを結ぶトンネル。(計画していたが頓挫)
  2. キューシュー・アイランドとタイワン・アイランドを結ぶトンネル。(地元住人の反対により頓挫)
  3. ボーソー・アイランド行川アイランドを結ぶトンネル。(ヒトとフラミンゴの共用、2001年から通行不可)
この項目「アイランドトンネル」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)