アオコ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アオコ」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「アオコ」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

アオコ(漢字表記:青粉)とは、や湖にばらまかれた、系統の着色料のことである。最近アオコが各地で多発し、人体への侵害などの問題が懸念されている。

概要[編集]

一般的には、河川・湖沼・海洋へ廃棄されることでの色が青色に染まってしまう、鉄鋼工場からの産業廃棄物に含まれている淡緑色の(II)イオンや青色(II)イオン、または食品工場などで不要になった青色1号・青色2号などの着色料を指す。これらは人体に有害であり、環境省や環境保護団体はアオコを流出させている工場を徹底的に取り締まろうとしているのだが、一向にその効果は表れないようである。

また、これらを栄養分とする藻類や植物プランクトンが大量発生し、その所為で海が赤潮に侵されることもある。藻類が大量発生して水面が緑色に見えることがあるが、これは藻自身が緑色をしているだけであり、実際には水を緑に染めてはいないので、これはアオコとは言わない。よってウィキペディアの方間違っている

被害[編集]

アオコは人体に害があるだけでなく、水中へ流出させることによってそこに棲む生物にも悪影響を与える。他にも様々な問題が報告されている。

遮光による水生植物の死滅
鉄(II)イオンや銅(II)イオンは海中で化学反応を起こし、淡緑色の水酸化鉄(II)・黒色の酸化銅(II)の沈殿が生じる。これが浮遊したり水生植物の葉に付着し、光合成を妨げる。その結果、植物がに至る。
毒素による被害
青色1号は人だけでなく他の動物に対しても有害であり、食物連鎖による生物濃縮で上者にいくほどそれが堆積し、変異した子孫が生まれてしまったり、最悪の場合、動物のみならず人間までもがに至る
藻や植物プランクトンによる二次被害
これらが大量発生し、それらが放つ異臭の問題も深刻化している。また、藻や植物プランクトンによる夜間の呼吸により水中の酸素が極限に不足し、水生動物が窒息してに至る
景観が失われる
これにより観光事業の活力が低迷し、地方自治体の予算の低下、ひいては国家規模の財源の喪失が見受けられ、それが税金の値上がりに直結するのは言うまでもない。税金が払えなくなった納税者は自殺する心境にまで追いつめられ、やがてはに至る

これほど死に繋がっている環境問題は他にない。

対策[編集]

環境省は環境に関する法律をより厳しく定める方針を明らかにしている。しかしこれだけでは効果が見られない可能性があるので、海や湖に巨大な濾過装置を取り付ける政策がある。

その一方で、工場を廃止させ被害の根元を撤廃させようという強行派の思考を持つ環境保護団体のテロリストが、製鉄場や食品工場の破壊工作を目論んでいる。

関連項目[編集]

  • 赤潮
  • 環境
  • 水道水 - 過度な塩素(黄緑色)消毒により、水道水が緑色に染まっていることがある。
  • 鉄分 - アオコの別名。
  • 兵器 - 死との関連性が深いため、兵器としての実用化が考えられている。