アクション仮面

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
クレヨンしんちゃん > アクション仮面
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アクション仮面」の項目を執筆しています。
「アクション仮面!私のセーラー服を破ったり、痴漢などの犯罪はやめて!」
アクション仮面 について、桜ミミ子
「お嬢さん!アクション仮面とじゃ不満かい!?」
アクション仮面 について、白石稔

アクション仮面とはテレビ朝日で1993年から放送中の東映が制作した特撮テレビ番組である。

テレビ番組『アクション仮面』[編集]

一言で言えば、仮面ライダーのような、訳の分からないキャラクターである。

設定やシリーズの関連性がかなり細かく、また別次元での実在のアクション仮面の設定も重なって、ファンですら難解なものとなっている。この世界の子供や特撮オタは相当寛大な心を持っているらしく、既に10年以上放送されている。どんなに人気だろうが不人気だろうが1年で使い捨てられる戦隊ヒーローウルトラマンとは大違いである。

ストーリー[編集]

アクション星からやってきた郷剛太郎は、超科学研究所の郷博士による手術でアクション仮面として再生した。超能力を身につけた郷は、パートナーの桜ミミ子と共に、悪の秘密結社「メケメケ団」に立ち向かうのであった。

毎回最後に嗤って終わるのがファンの常識となっている、ファンはこれを通称「アクション仮面☆洗脳」という。

テレビ番組でのアクション仮面の設定[編集]

アクション星からやってきた宇宙人である郷剛太郎が、死にかけていたところを特殊科学技術で改造された姿。変身方法は色々あるので放送時間の都合上カットいたします。自力での飛行は不可能で、特別なマシン(名前が無い)かジェットパックを用いる必要がある。10年以上続く作品の中で何度もタイプチェンジされている。

アクション仮面
最も多く用いられているタイプ。
アクション仮面Z
ガンダムのパクリで、額にZと言う字がシールで張られているだけ(本当)。
アクション仮面777(フィーバー)
急にデザインが変わって変身も大げさになった。後に東映の仮面ライダー555で再利用された。でも本家は結局「アクション仮面」に戻った。あれ~?

アクション仮面の謎[編集]

このように、10年以上続く人気があるアクション仮面だが、幾つか不可解な点もある。

しかし、何といっても最大の謎は桜ミミ子の年齢が・・・わっ!何をする!?やめろ!グハッ!

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

別次元の地球のアクション仮面[編集]

別次元の地球では、実際にアクション仮面が存在しており、町を守らないで、もう一つの世界で、アクション俳優として自分のテレビ番組を作っている

北春日部博士やリリ子は、こちらの次元の危機をアクション仮面に知らせなければならない非常にリスクの高い留守番なので、もう一つの世界に行くことは無い。

人物[編集]

野原しんのすけとは腐れ縁で、別次元から来たことも知られてしまっている。 性格は優しいが、ミミ子とリリ子にはめちゃくちゃ意地悪で、セーラー服をビリビリに破ったり、傘やバット、素手で殴ったり、痴漢ストーカーをして泣かしまくるのが趣味な犯罪者でドS

正義のために戦っているが、もう一つの世界でのパラダイスキングとの戦いでは、もう一つの世界だから力が出なかったのか、正体がバレるのを恐れ子供が浚われるのも仕方ないと考えたのか、本気を出してないなかった。

主な技[編集]

アクションビーム
最も多用されるアクション仮面の必殺技。両腕を体の前で立てた状態から黄色い稲妻状の光線を出す。
アクションビームボール
アクションビームのエネルギーを球状に収束して放つ。アクションビームを弾いたカマキリ将軍ギリギリのバリアを破壊した。
アクション・ローリング・サンダー
名前も技もわけ分からない代物。正直文章では説明できない。考案したのは春日部市出身の総理大臣
アクション・ロータリー・シューティング・スター
相手を空高く投げ飛ばした後に足で回し、頭をつかんで地面に叩きつける技。視聴者のビデオ投稿によって生まれた技である。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


Imajin n.jpg この項目『アクション仮面』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目だ。俺はめんどくさいのはきらいだからできねぇが、お前ならできるはずだ。だから、加筆してくれ!  (Portal:スタブ)