アクティベーション

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、ソフトウェアの認証システムについて説明しています。その他の用法については「認証」をご覧ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アクティベーション」の項目を執筆しています。

アクティベーション(activation)とは、コンピュータソフトウェアのコピーやライセンスの使いまわし防止を目的として、インストールされたソフトウェアに使用許諾情報を付与する機能である。

歴史[編集]

かつて、ソフトウェアのインストールは、640KBしかないメモリに無理やりサウンドカードのドライバと日本語環境を押し込んで少なくとも600KB以上は残しておかなければならない、ディップスイッチの設定どおりに呪文を作成してconfig.sysとautoexec.batに書き入れなければならないなど、非常に難易度が高いものであった。

しかし、マイクロソフト社がWindowsを登場させて、WIN.INIやSYSTEM.INIをいじる必要のないWindows95に移行したころから、ソフトウェアのインストールはずっと簡単になり、犯罪予告を平気で書くリアル厨房、エロさえできればいい出会い厨などにも手軽にインストールできるようになった。

コンピュータソフトウェアのありがたみを十分に知らしめてインストールの儀式をより厳かにする目的で、一般向けに発売されるコンピュータソフトウェアとしては初めて、マイクロソフト社が導入した。

仕様[編集]

違法コピー防止のため、ソフトウェアがインストールされた本体が、何か改変されたり変化がみられると、自爆装置が作動する構造になっている。

同一PCとしてみられるための条件を以下に挙げる。

  1. グラフィックボード、キャプチャカードなど、PCIバスに接続された拡張カードが一定量以上変更されていないこと。
  2. マザーボードのBIOSが同一であること。メーカー修理以外の方法でアップデートした場合はただちにライセンスが無効になる。
  3. メモリやHDDの容量が不自然に変更されていないこと。
  4. 本体のある位置が、内蔵GPSにより極端に移動していないこと。
  5. 周辺機器の挿入場所がいつもと違う場所にならないこと。
  6. ユーザーごとのマウスの移動方向のクセが、いつもと違っていないこと。
  7. ユーザーごとのタイピング速度が極端に変化しないこと。
  8. ログイン後スタートボタンをいつも押していたものが押さなくなったり、かな入力していた者が急にローマ字入力になったりしないこと。
  9. メディアプレイヤーで視聴される音楽や動画のジャンルが急に変化しないこと。
  10. お気に入りの内容が一定以上変化しないこと。
  11. 「ゲイツ死ね」などの問題発言をブラウザから掲示板に書き込んでいないこと。なお、「氏ね」ならば認識されない。


アクティベーションの仕様は、まだ策定途中です。いま書き加えればディファクトが取れるかも知れません。がんばってください。 (Portal:スタブ)