アスクレーピオス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アスクレーピオス」の項目を執筆しています。

アスクレーピオスギリシャ神話に登場する悲劇の医者である。生まれる前から母親を殺され、善行を行いながらも神罰を受け、現在でも彼ではなく、彼が持っていた杖の方が医学の象徴とされている。医師の待遇が悪いのも、アスクレーピオスの遺志を受け継ぐものの定めである。

神話におけるアスクレーピオス[編集]

アスクレーピオスは理想の青年像である恋多きアポローンと、テッサリアのラリッサ領ラピテス族の王プリキュアスの娘コロニスの間にできちゃった子である。神事に多忙でコロニスとなかなか会えないアポローンは、人語を理解する純白のを使いとして互いのが変わりないことを確かめていた。ある日、烏はコロニスが若い男と談話しているのを目にする。いいかげんでアポローンとコロニスの惚気話にうんざりしていた烏は、真相を確かめずにコロニスが浮気をしているとアポローンに伝えた。「これで恥ずかしい言伝の役を受けなくて済む」。怒ったアポローンが矢を放つと、その矢はコロニスの胸に刺さってしまった。コロニスは「せめて私のお腹の中のあなたの子だけは助けてあげて」と請い、アポローンはコロニスから胎児を取り出し、自分で育てようとはせず、ケンタウロスケイローンに押し付けた。この胎児こそがアスクレーピオスである。ちなみに烏は永遠にコロニスの喪に服すため黒く変えられてしまった。しかし、カッサンドラーにはフラれ、ダプネーは樹になってしまうし、ヒュアキントス(注;男)は円盤で殺してしまうし、アポローンはどうしようもない男である。「お兄様というものがありながら、許せなーい!」と激怒したアポローンの双子のアルテミスがテッサリアに毒矢を撃ちまくって疫病が広まり、そのうちコロニスが倒れたとも言われている。兄妹をしてとんでもない神々である。

アスクレーピオスは医学に精通し、死者をも蘇らせるようになった。アスクレーピオスは特別な力を持っていたわけではない。当時は呼吸が停止すれば死と見なされていたが、心肺蘇生法を施せば生還できたのである。人間の生存率が高まって困ったのは冥界のハーデスである。「くそぉ、き奴のせいでこの冥界で労働力となる死者がなかなかやってこんわ。おい、ゼウス(注;弟)!なんとかせんか!」ゼウスはアスクレーピオスに死者を蘇らせることを禁じた。しかし、継母のパイドラに言い寄られたのを断ったら自殺され、父のテセウスの怒りをかってポセイドンが召喚した海獣に殺されたヒッポリュトスを蘇らせるようアルテミスに頼まれた。ヒッポリュトスを蘇らせてゼウスの命を破ったアスクレーピオスはゼウスの雷霆に撃たれ還らぬ人となった。

愛はなくとも我が子を殺されたアポローンは、腹いせにゼウスの雷霆を造ったキュクロープス族を皆殺しにした。怒ったゼウスはアポローンをただの羊飼いにした。命を救うアスクレーピオスは殺して、簡単に命を奪うアポローンをなんで殺さないのか?この悪しき采配は現在まで続いており、人を殺めた者も労働を強要されるだけで、殺されていないのである。ハーデスが労働に従事する有能な者だけを冥界に受け入れ、裁く以外に使えない罪人は現世に縛りつけるようゼウスに圧力をかけているとも言われている。

アスクレーピオスの杖[編集]

アスクレーピオスはによって薬草の存在を知った。アスクレーピオスは杖に蛇をまとわりつかせ、未開の地に放って人を噛ませ、その人間が口にした薬草で助かるか否かによりその効能を確かめたと言われている。現在でも西ケニアではルオ民族が毒蛇に噛まれた時に薬草を使用して治療している。

アスクレーピオスの杖は医療の象徴として医療に関する機関のマークとして使用されていた。しかし、近年は医療も金次第であるため、商売繁盛を象徴するヘルメースの持っているケリュケイオンの杖が使われることが多くなってきている。アスクレーピオスの杖とケリュケイオンの杖はデザインがよく似ているが、両者はもはや大して意味が違わないので混同しないよう注意する必要はない。防衛医科大学校の校章はケリュケイオンの杖である。卒業後任官しなかった学生に対し、9千万円の学費返還を要求したことがある事実がそれを裏付けているが、公には平和の象徴である鳩の翼とアスクレーピオスの杖を組み合わせたものとされている(蛇は2匹いるように見えるが、これは双頭の蛇であり、桜花の下でつながっているという説明を入校時に必ず受ける)。

関連項目[編集]