アタリショック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アタリショック(当・衝撃)とは、1947年に発生した事件。全国的にくじ引きのあたりが無くなったことから日本経済ばかりではなく、他惑星においても大きな影響を与えることとなった。

概要[編集]

発端[編集]

事の発端は、1946年年末くじ制作業者の気まぐれから始まった。くじ制作業者が何気なしに当たりくじの製造を止め、ハズレくじのみを製造販売し、当たりくじが全国のくじから姿を消した。本来、当たりとハズレは別々に梱包され、くじの卸先である当て物屋達の裁量でその比率を調節できるもので、当たりくじの製造販売が止まったことで、ハズレくじのみが当て物屋達の元へ卸された。当初は、当たりが出なければ自分たちの利益が増えると考える当て物屋が多く、くじ制作業者に対して苦情を申し立てる者はいなかった。制作業者側にとっても、それまでの当たりくじと外れくじという2種類の製造は、2つの製造ラインを動かす必要があり、どちらか一方だけの製造のほうがコスト削減に繋がるということもあり、くじ制作業者の気まぐれは正月あけに一時再開したもののその後は、その年の初まで断続的に続く事となった。

発覚・騒動[編集]

アタリショックの前年末から製造が停止されていた当たりくじは、翌年の初詣による当て物屋の盛況により、ほぼ完全に姿を消す事となった。もともと当たりくじを引く確率は低く、当たりくじが含まれていないと言うことに気付く者は少なく、一見すると当て物屋の思惑通り、当て物屋の利益が上がる一方に思えた。しかし、兵庫県尼崎市神社で、お金持ち子供お年玉を使ってくじを買い占めるということが起こってから事態は発覚した。その少年は冬休み自由研究で、お祭りで売られているくじ引きで当たりを引く確率という研究をしており、その結果はわずか0.001%であった。これを休み明けに学校で発表した結果、大きな話題となり、マスメディアに取り上げられるまでになった。マスメディアに取り上げられたことから、全国的にも話題となり1月10日には制作会社に対する暴動が起きた。暴動を受け一時的に当たりくじの制作を再開した制作会社ではあったが、当たりくじの希少価値から卸値が高騰し、制作業社は、それまでの売り上げからは想像できないほどの利益を得た。これに味を占めた業者は再び製造を停止した。 その後、当たりが入っていないくじが売れるわけもなく、当て物屋が次々と店を閉める結果となり、裏で手を引いていた堅気ではない方々の関連会社の株価が暴落した。またその関連会社の株価が次々と暴落していき、日本は全国的な不景気に突入した。その後、日本の不景気が影響で、世界各地で様々な非常事態が起こり、地球規模だけではなく宇宙規模にまで影響を与える事となった。(後述:事件の経緯と社会的影響参照)

事件の収束[編集]

どんなに社会的に影響が大きくなろうとも、自社の利益を最優先し、当たりくじの製造販売を出し渋りしてきた制作業者であったが、地球規模の不景気が他惑星の経済にも影響を与えている宇宙人が警告に来たため製造を再開した。この宇宙人は不景気の結果、UFOの燃料を十分に積載する事ができないまま地球に来たためガス欠で、アメリカニューメキシコ州ロズウェルに墜落している(参照:ロズウェル事件)。ちなみに当たりくじ制作再開の理由についてはNASAの指導により、表向けには7月1日に公正取引委員会が設置された事を受け、法的措置を受ける前に再開したと言う事になっている。 その後も、それまでの不景気のあおりを受けて、いくつかの騒動は起こったものの経済は回復の兆しを見せ、同年11月14日に内閣総理大臣アタリショックの収束を発表する事で収束を迎えた。

対策[編集]

今回の事件を受け、同じ事が再び起きてはたまらないと政府は、公正取引委員会を設置し独占禁止法を制定した。これにより一つのくじ製作業者が気まぐれを起こしても、別の業者が当たりくじを増産することで危機を回避できるためである。

事件の経緯と社会的影響[編集]

1946年

  • 12月21日-当たりくじの製造中止

1947年

  • 1月1〜2日-初詣で、それまでの当たりくじのストックが無くなり、全国的に当たりくじが姿を消す事となる。
  • 1月9日-その年の初詣の当たりくじが激減した事がマスメディアに取り上げられる。
  • 1月10日 – 当たりくじ消失についてくじ製造会社前で暴動が起こる。
  • 1月11日 – くじ制作業者が一時的に当たりくじの製造再開
  • 1月12日 – 当たりくじの卸値が高騰
  • 1月13日 – 再び当たりくじの製造を停止
  • 1月16日 – やくざ関連会社の株価が暴落
  • 1月20日 – やくざ関連会社の、関連会社の株価暴落
  • 1月22〜30日 – 関連会社の関連会社の関連会社の株価暴落で全国的に不景気に。
  • 2月2日 – 内閣首脳が今回の事件をアタリショックと命名
  • 2月18日-東京で22歳の女性が、不景気のため飢え死にしそうな野犬に食い殺される
  • 2月28日 -日本の不景気の影響を受け、台本省人女性タバコを販売し、 二・二八事件(台湾)勃発
  • 3月1日 - 不景気から国鉄運賃値上げ(旅客1.25倍、貨物2倍)
  • 3月11日 -GHQ: ドル換算率を15円から50円に引上げし円安に。
  • 3月15日 - 東京都が財政を統一するために35区制から22区制に移行(8月に23区制)
  • 3月17日 - マッカーサーが日本の不景気について初めての記者会見
  • 4月8日 - 全国的な就業率の低下を受け、 職業安定所設置
  • 4月14日 - 独占禁止法公布(施行7月20日)
  • 4月20日 - 不景気が原因で、長野県飯田市で大火(4千戸焼失)
  • 5月1日 - 昭和天皇が初のアタリショックについて記者会見
  • 5月26日 - 不景気の影響で阿蘇山が爆発
  • 6月30日 - 経営困難のため横浜正金銀行閉鎖(東京銀行に資金移転)
  • 7月1日 - 公正取引委員会設置
  • 7月2日 - 地球規模の不景気が、他惑星の経済にも影響を与え、ロズウェル事件が起こる
  • 7月3日 - 当たりくじの製造が全面的に再開
  • 7月6日 - 不景気により国鉄貨物運賃値上げ(3.5倍)
  • 7月7日 - 不景気により国鉄旅客運賃値上げ(3.5倍)
  • 7月20日 - 独占禁止法全面施行
  • 8月14日 - 長引く不況に浅間山大爆発(登山者20名焼死)
  • 9月14日 - 事態が収束しかかったところで、カスリーン台風来襲
  • 11月14日 - 内閣首脳がアタリショックの収束を発表

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アタリショック」の項目を執筆しています。
この項目「アタリショック」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。