アナル族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アナル族」の項目を執筆しています。
マニプル州(インド東北部)のアナル族の民族衣装[本当]

アナル族(-ぞく)は、インドおよびミャンマーに居住している実在の部族である[本当]。英語の綴りもAnal Peopleである[本当]。以下、Wikipediaの記述に、その後の研究で判明した補足や解釈を付け加えることで、本項を記載する。

民族の由来[編集]

アナル族自身の言い伝えによれば、ハウヒ・ピークの洞窟から来た二人の兄弟、あるいはハンスとハンサという名の洞窟から逃れてきた2人の男が、この民族の祖先であるという。
いずれの言い伝えが正しいにしても、民族の発祥が男2人であるところから、民族の開始時点ですでにアナルとこの種族は切り離せないことが伺える。

家族制度と婚姻[編集]

アナル族の婚姻制度は、一夫一妻制である。なお、1912年のShakespereによる報告によれば、かつては一夫多妻制が認められていたという。子供の名前に関しては、第1子から第5子までには特定の名前が男女別に与えられる習慣があることが知られている。
ここで「妻」あるいは「女」とされているのが「妻役」「女役」の意味であることは論を待たない。
結婚に関しては族外結婚の制度を採っており、内婚は禁止されている。
男だけでは民族を維持出来ないため、族外から女をさらってきて子供を産む機械として利用していることを伺わせる記述である。
結婚には見合い結婚、恋愛結婚、秘密結婚の3種類が存在することが知られている。
見合いと恋愛はいいとして、「秘密結婚」とは何か。それはやはり、秘密にせざるをえない結婚の形態であろう。

社会制度[編集]

アナル族は父系社会を採っていることが知られている。村を仕切っているのはクル・ラクパ(Khul-lakpa)と呼ばれる首長である。首長の地位については、規則などで世襲制と決められている訳ではないが、多くの場合で父親から息子へと引き継がれることが分かっている。
ここでは「世襲」という言葉に注意してほしい。これは文字通り「(アナル族の)世を襲う」という意味であり、息子が父親を押さえつけてアナルを襲うことに成功した場合に首長の権力が引き継がれるという意味と解される。また、同じ家で暮らす息子が襲うチャンスが多いために後継者になることが多いが、他の男であっても襲うことに性交成功すれば首長の地位に就くことができると思われる。

生業[編集]

農業および牧畜によって生計を立てており、焼畑農業によるトウモロコシ大豆カボチャトマトの栽培と水田での稲作によるの栽培を行うとともに、バッファローニワトリの牧畜を行っている。
ツッコミどころがなくて寂しい。

伝統宗教[編集]

アナル族の伝統宗教は、1917年にキリスト教が伝えられて以降、変化が生じていることが知られている。キリスト教の伝来以降はアナル族の間でもキリスト教徒が大多数となっており、現在では伝統宗教の信仰者は民族全体の10%に満たないことが知られている。
これはもちろん、キリスト教が同性愛ならびに肛門性愛を禁じていることと密接な関係がある。伝統宗教の信仰者が10%以下となっていることからも、アナル族の民族的アイデンティティが危機に瀕していることが伺える。