アニータ・アルバラード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
アニータから転送)
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
「こいつと付き合った男はとんだ基地外ですわ。」
アニータ について、塩爺

アニータ(アニータ・アルバラド、Anita Alvarado)は、チリ英雄となったであり、日本にとっては子供を産む機械大きな悪者である。と言うのも数十億と言う日本円をごっそりと横領し、その罪を愛人に擦り付けると言うそのやり方はまさに小野小町もしくは楊貴妃そのものである。別名にハッキョウババアイカレアタマとも。

「日本の男はみんなこんなちっちゃい。」(親指と人差し指で4cmの隙間を作る。)の名言を残す。

チリに帰った後は日本に対して、「いい国だったわ、何もしなくてお金が入った。今度は友人に教えてそのやり方で他人でも出来るかどうか試してみるわ」、「Ipadほしい」と反省の色が無いかのような発言をし、なおかつ取材料を請求しまくっていることから、あるマスコミが昇竜拳を彼女に食らわしている。

とはいえ日本に残した功績は多い。たとえば、日本の新しい千円札の肖像画を誰にしようかと言う議論の中では、ある老人から野口英世を差し置いて彼女にしようかという提案が出たり、彼女の全裸姿を公表して日本人を悩殺しようとしたりと、一概に日本を危害を与えたわけではない(ただし、この全裸を見た日本人はかなりの確率で卒倒している)。

またイギリスでは食物アレルギーを持つイギリス人が多く、日本料理を食べるといきなり「アニータ!」と、突如発狂して周囲の物を破壊する発作を起こし、近年では日本料理店の出店を見送る日本人経営者も増えている。

こいつがモデルとなった作品に101匹わんちゃんがある。「名前が同じである上、傲慢な性格が非常によく似ている」と本人は大絶賛している。しかし、他の人からは「それはクルエラの間違いではないか」と指摘されている。また、ワイルド・ワンズなるGS(ガソリンスタンド)により、「愛するアニータ」という歌が歌われたが、もともとブルー・コメッツが歌う予定であったものを拒否されたため、しかたなく彼らが歌ったという説がある。

友人[編集]


参考文献[編集]

  • 自伝「わたしはアニータ」(2002、扶桑社
  • 自伝「わたしはオーニタ」(著:大仁田厚
  • 自伝「わたしはアニオタ」(著:大仁田厚

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アニータ・アルバラード」の項目を執筆しています。