アパッチ野球軍

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アパッチ野球軍」の項目を執筆しています。

アパッチ野球軍とは、1970年代に日本で放映されたと言われるアニメーション番組、およびその原作漫画、さらにはそれを取り巻く一連の都市伝説のことを指す。 なんだかヤバそうな話題に抵触したため放送禁止の処分が下されたという説がある一方、現在は作品の存在そのものを疑問視する風潮が有力である。 鮫島事件との類似点も指摘されている。

概要[編集]

参考動画 (検閲により削除)

※この映像が実際に放映されたという根拠は確定していません。フェイクである可能性を念頭に置いた上で視聴してください。


アパッチ野球軍はしばしば「今では絶対に放送できない作品」「聞くに堪えない放送禁止用語が連発」「バイオレンス高校野球アニメ」などの枕詞を伴って語られる。しかしながら、果たしてどのような放送禁止用語が、いかなる場面で使われたのかという話題になると、固く口を閉ざしてしまう者がほとんどであった。 肝心のストーリー展開について語るものはさらに少ない。 各話タイトルリストは一部を除いて判明していないものが多い。 その一部のタイトルすら違法動画サイトに投稿された動画に準拠している。これらの動画は当時実際に放映された映像と同一のものであるのか、真贋が極めて不明瞭であり、よってタイトルリストも虚構のものである可能性を考慮する必要がある。

出演したとされる声優陣でさえ、アパッチ野球軍の話題を出したがらない。ファンイベント等でアパッチ野球軍に関する質問がなされる事があるが、例外なく黙殺されている。

その結果「アパッチ野球軍はなんだかヤバそうな話題に触れたために存在を封印された」と主張する検閲派と、「内容について語れる人物が皆無ということは、もはや作品そのものが当初から実在していない可能性が高いのではないか」と主張する非存在派とが対立するに至った。

これらの経緯をして鮫島事件の顛末を思い出すものも少なくない。

登場キャラクター[編集]

コイツよりは相当マシなネーミングと思われる[要出典]が、検閲派によれば完全にアウトらしい。

スタッフ[編集]

日本が世界に誇るロリータ名作劇場のお偉方が脚本を担当した回や、少年とお姉さんのハートをたぎらせた星座アニメのメインスタッフが作画監督を担当していた回のキャプチャ画像がごく稀にアップロードされることがある。 非存在派によれば悪質な雑コラである。

事件[編集]

「検閲により中身を差し替えられた」と主張する検閲派と、「本編が存在しない以上出品が不可能なのは当然である」とする非存在派とのバトルは記憶に新しい。[要出典]

  • 公式画像として流通していたイラストが、実際は非公式の物である事が非存在派の調査によって明らかになった。存在しない事物について、さも実在するかのような画像を作成•公開するのは某クオリティペーパーでよく取られる手法である。

ファンタゴールデンアップル味のページも参照のこと)

しかしながらそのイラストを作成したとされる人物[要出典]のホームページの更新が2000年代初頭で止まっていることから、やはり検閲が行われた可能性があるとの主張がなされている。

備考[編集]

単純に売り上げが見込めないからほとんど流通しなかったんだと思うよ[要出典]

関連項目[編集]