アフリカでは子供たちが飢餓で苦しんでいる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ゲームの中でも呪文として用いられている。

アフリカでは子供たちが飢餓で苦しんでいる(あふりかではこどもたちがきがでくるしんでいる)とは、近代以降の日本国内で伝わる呪文の一種である。日本以外でも類似の呪文は世界の先進国において多く使われる傾向にある。

概要[編集]

この呪文が生まれたのが何時であるのかについて明確に記された資料は存在しないが、その内容から列強によるアフリカの分割統治が終焉した戦後に生まれたものであることは推測できる。日本国内では多くの人々が用いているが、著名な使い手としては公共広告機構アグネス・チャンが挙げられる。学校教育の場などでも頻繁に用いられ、食べ残しをする子供を戒めるためにこの呪文が用いられることも多い。もちろん全部食べた所でアフリカの子供たちが救われるわけではないのは明らかであるが、これはあくまで呪文であって科学的言説ではないので何の問題もない。一部の人々はこの呪文を日常的に用いている(例:「今日もいい天気だなぁ。しかしアフリカでは子供たちが飢餓で苦しんでいる。」)が、これによる呪文の効果の低下も心配されている(後述)。

効果[編集]

呪文の効果にあやかって作られた衣服。中央にアフリカの地図が描かれている。

この呪文は唱えたものの金運アップに効果があるとされ、唱えたものの周りには金銭が流れこんでくる。また社会的な信頼を勝ち得ることを望んでいる場合にも、この呪文を唱えると大きな効果がある。そのため、例えば就職活動などにおいて使うと非常に良い効果が得られることが多いと考えられる。ただしこの呪文をあまりに多く使いすぎると、逆に人々からの不信を買ってしまうため、適度な使用を心がけたい。

呪文は唱える人間の属する民族や階級によって効果が大きく異なると言われている。例えば、日頃から言葉を操ることに長けている新聞記者宗教団体の人間が用いることで絶大な効果を発することが出来る。また国別では先進国に住む人々が唱えるときのほうが、呪文の中で言及されているアフリカ人が唱える時よりもより強い効果が発せられる。このような現象がなぜ起きるのかは現代魔法学における謎の一つである。文頭の「アフリカ」を「東南アジア」などの他の地域に置き換えた呪文も地域によっては存在することが知られている。ただし、日本やヨーロッパにも実際には飢え死にしそうな子供がいるのは事実であるが、呪文においてそれらの地域の名を唱えると効果が大幅に減衰することが多いため注意を要する。ただし災害が発生した場合などはこの限りではなく、最近では「津波で多くの人達が苦しんでいる」という呪文を唱えて金運のアップや社会的地位の向上を願う人も多い。

また、人間の代わりに動物の名前を唱えるのも効果的であり、動物の場合は人間の場合とは異なりなぜか先進国の名前も同時に唱えたほうが効果が大きいことがよくあるようである。(例:「カナダでは多くのシロクマ温暖化に苦しんでいます」)もちろん動物が本当に苦しんでいるか否かなどは我々には分かる由もないが、これは呪文であるためそのへんの瑣末なことは関係無いようである。

インターネットにおける呪文[編集]

African Child.jpg

この呪文を作ったホームページなどに貼っておくと、口で唱えた場合と同様の効果を発せられる。インターネット上では「Wikipediaでは多くの人々が資金難に苦しんでいます」などの変種も多々見られ、対象を発展途上国に限定する必要はないようであるが、上述の呪文が本当に効果が有るのかは専門家の間でも議論が分かれている。またインターネットに於いては写真や動画ファイルなどを同時に使うと絶大な威力を持つようになる。例えば右の画像を見て欲しい。アフリカの子供たちがつぶらな瞳で我々を見つめている。「目は口ほどにものを言う」というように、目と目があったときに生じる魔力もまた強大であるのだ。動画などを作成する場合には有名人を用いたほうが呪文の効果の大きくなる。有名人のギャラについてどうすればいいのか心配する人もいるかも知れないが、その点については金運のアップで補うこともできるのでこの限りではない。

もちろん、サイトのデザインも呪文の効果にとって非常に重要な要素となってくる。例えば、国際連合の旗の青色を多用したサイトは呪文の効果が大きくなることが知られている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「アフリカでは子供たちが飢餓で苦しんでいる」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
African Child.jpg
SAVE AFRICAWHO.png

あなたがこの糞の役にも立たない文章を読んでいる間にも、アフリカでは多くの子供達がユーモア欠落症に苦しんでいます。子供達に良質なユーモアを。我々の活動に賛同してくださった方は、こちらの口座に所定の金額をお振込みください。皆様のご支援お待ちしております。(Portal:スタブ)