アフリカゾウ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アフリカゾウ」の項目を執筆しています。
軟弱で愚かな人間共よ……私のパワーの前にひれ伏すがいい!

アフリカゾウとは、牙の短い象である。

概要[編集]

アフリカゾウとはアフリカの現地住人、植民地にしていたヨーロッパ人たちによって狩られ続け、牙の短い種族のみ生き長らえた種族である。狩られた彼らの亡骸からは象牙が取り出され、現代社会に流通していることで知られるが、ワシントン条約での規制やNPOの頑張りにより表社会での流通は抑えられている。さらにいえば狩られるのは牙の長いオスのため、オスの数がメスよりも減っていき、相対的にゾウ社会はハーレム社会となっている。というか種の保存のためそうせざるを得ない。

なお、同様の理由でインドゾウも絶滅の危機に瀕しているが、インドゾウはインドぞうとして転生しているため滅亡の危機は回避している。そして今絶滅しようがしまいが、どちらにしろこの巨体では気候変動についていけず絶滅するから守っても守らなくても同じなのではと考える教授も結構いる。

日本におけるアフリカゾウ[編集]

そのようなアフリカゾウを救おうと第二次世界大戦前の日本でもアフリカゾウの身柄を一部引き取り、各地の動物園に引き取られた。しかし、戦争が始まると害獣として敵扱いされ毒殺、または餓死させられる。このゾウは後にかわいそうなぞうとして特筆されている。これにより日本もアフリカゾウの絶滅に一部加味したこととなる。

現代社会ではそのような運命をたどるゾウはいないが、日本でも象牙を取り扱いたい業者によって常に命を狙われていることで知られる。野性のゾウが生息している外国の場合は人間対ゾウの殺し合いが発生するが、日本の場合餌を与えてもらう動物園ぐらしによって牙を抜かれているため、そのような業者にみすみす殺され象牙を奪われてしまう。そのために動物園職員が代わりに戦い、職員対業者のサバイバルとなっている。対決に負けた方はピンクの象を見るような目に逢うといい、アルコール漬けで歯の抜かれた死体がたまに見つかっている。

芸人としてのアフリカゾウ[編集]

さらにその一部はゾウの芸人として関西を中心に活躍している。4.3hydeもの巨体を活かしたツッコミで大ブレイクとなるも、相方が次々に重傷を負い、3代目以降の相方は鉄人である。またテレビの特別企画で曙と対戦した時も、最初は空気を読んで負けていたが、ついつい頭に血が上ってしまい、一撃KOしてしまった。一時はアフリカに帰郷を考えるも、相方のC3POに引き止められて現在に至る。

これ以降は日本で飼いならされているアフリカゾウの生態について述べる。

性格
気性は非常に荒く、例え相手がプロレスラーでも躊躇なく立ち向かう。
ドッキリ番組においても素行の悪さが目立ち、ドッキリの仕掛け人を重体、もしくは死亡させる事態も度々あった。いつもは遅いが走ると案外早いの。そのため破壊力にスピードも重なって、逃げ惑うデブ芸人を5人まとめてストライクした事もある。
コント
アフリカゾウが人気になった理由は「インパクトのあるツッコミで、芸人を吹っ飛ばす様が視聴者にとっては新鮮であった」ためだと考えられている。
一代目、二代目はコンビを結成して一日で病院行きになっている。安全面を考慮して三代目はザクに決定。しかし、吹っ飛ぶどころかビクともしないので、視聴者受けすることは無かった。その為C3POに交代となって、ツッコミを受けてC3のバラバラになる様子がウケて、再びアフリカゾウ人気に火を付けた。更にはプライドからもオファーが来る程になり、好戦績を挙げている。

以下はアフリカゾウのツッコミのバリエーション(人間のパンチを威力10程度としたとき)

鼻で叩く(威力25)
踏む(威力95)
タックル(威力330)
象牙突き(威力300)
プライドでの戦績
  • VSヴァンダレイ・シウバ-○(一撃KO)
  • VSミルコ・クロコップ-○(一撃KO)
  • VSヒクソン・グレイシー-○(一撃KO)
  • VS呂布-×(呂布に立ち向かってはならならい。一撃で象牙が折られ、二撃目で魂を吹っ飛ばされた。)
  • VS-(一撃KO出来るはずだけの能力があるが、蟻を踏み潰すにはゾウの足には溝が深すぎて避けられる)

関連項目[編集]