アメリカンコーヒー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アメリカン・コーヒー」の項目を執筆しています。

アメリカンコーヒーとは、アメリカ人の合理性を象徴する飲み物である。

概要[編集]

一般的に言うコーヒーは、コーヒーの果実から取り出して乾燥させた種子を焙煎し、それを粉砕したモノにお湯をかけて抽出する。その焙煎が強ければ香ばしさと苦味が生まれ、浅ければ豆本来の香気と酸味が楽しめる。しかしアメリカ人は味よりも含有カフェインに対しての興味が強く、味も香りもむしろ邪魔なものと見なしていた。アメリカ料理が味よりも量と栄養素を重んじる傾向があるのと同じである。またアメリカ人の代表とされるコーカソイドはカフェイン耐性が低い[1]ため、コーヒーは嗜好品というよりも気付け薬や興奮剤としての用途が求められてきた。

そこで煎り具合ではカフェイン抽出量が変わらないという事に着目し、焙煎時間を短縮した極浅煎りの種子を用いて大量の湯で抽出するスタイルが生まれた。浅煎りによる酸味は湯量の多さにより薄められ、一度に大量のコーヒーを接種することを可能にしたそのスタイルこそが「アメリカンコーヒー」なのである。これによりアメリカでは迅速なカフェイン摂取が行われるようになっていった。更に肉の脂を酸味で洗い流すという合理性な飲み方も生まれ、アメリカンコーヒーはコーラと並ぶハンバーガーの友となったのである。

世界的なアメリカンコーヒーの扱い[編集]

アメリカンコーヒーはカフェイン摂取に特化した合理性なコーヒーだが、世界的には受け入れられているとは言いがたい。殆どの国ではコーヒーは合理性から離れた嗜好品であり、味や香りを求めるものだからである。

イタリアフランスなど合理性よりも華やかさを重視する国は、深煎豆を少ない沸騰水で加圧しつつ抽出するというアメリカンコーヒーの真逆となるエスプレッソを好む傾向がある。これは小さな小さなカップに極少量しか出てこず、詐欺としても差し支えない。イタリア人やフランス人はこれを寝起きや食後に流し込み、その濃すぎる味や香りで気分をリフレッシュするのである。

また日本人はアメリカのものを有り難がる民族であるにも関わらずアメリカンコーヒーを好まない。しかし多くの飲食店では業務用コーヒーをお湯で薄めて供する事で原価を下げて安価に提供している。これはアメリカンコーヒーではないが、彼らはそのカラクリを暴かれると「アメリカ人の合理性に倣った、アメリカンコーヒーを提供した」と言い訳をするのである[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ モンゴロイドは伝統的にカフェイン耐性が異常に高い。特に毎日毎日淹れたての緑茶をガブガブ飲みまくっている日本人には、アメリカ産の高カフェイン栄養ドリンクが清涼飲料水扱いされている[要出典]

関連項目[編集]

この項目「アメリカンコーヒー」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。