アメリカ合衆国の鉄道死

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アメリカ合衆国の鉄道死(-がっしゅうこく-てつどうし)とは、キリストのアメリカ合衆国における鉄道を使った意図的な交通事故による、天国への旅行、移民計画の歴史についてする。

Wikipedia
キリストのために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アメリカ合衆国の鉄道死」の項目を執筆しています。

キリストによる建設[編集]

アメリカ家族正しくない方に導くイエス・キリスト。鉄道だけではなく車も巻き込んでしまう。

アメリカに移民が多く、人種差別も頻繁に起こっていたため、イエス・キリストが「そういえば天国にまだ人が少ない。もっと事故を起こして人を収容するのが良いだろう。地獄に行くものは知らん。」と言って、無理やり事故を起こすような鉄道建設がキリスト教信者によって進められた。

たくさんある交通網の中で鉄道が選ばれた理由は、当時最先端の技術であり、事故を意図的に起こしやすいからだ。これにより、アメリカの交通網は一気巨大な陰謀を隠してに良くなったのだ。

しかし、キリストのいるの彼方へはトロッコでは行くことはできないため、蒸気機関車宇宙ぐらいまで飛んで、天国地球アクセスを深めることにした。

ミシシッピより以に鉄道は主に建設された。これは人が多いからである。というかまだアメリカは以西の土地を買収でゲットしておらず、大陸横断鉄道なんて最初から作れやしなかったのである。とはいえ、買収成功するととりあえずカリフォルニアまで、延伸。大陸を(に)分断鉄道ができた。

19世紀末に南北戦争が終わるとそこをすかさずキリスト教信者が狙って、建設が急ピッチで進められた。アメリカでは鉄オタが増え、どこかのように著作権を使って、をたくさん払わしてしかも天国への旅行者を増やすという姑息な手が行われていて、普通の利用者から反対が相次いだため、政府は全員鉄オタにしようと豪華列車を乱発して、カッコイイ列車がどんどん作られた。乗る人も増えて、鉄オタにとって大切な鉄道で、人生一回しか行けない旅行に行けるのはさぞかし嬉しいことだろう。鉄道会社では大儲け、鉄道の勝利はまだ続くと思われていた。

キリストからへ(そして敗北)[編集]

最近起こるアメリカの鉄道死。

キリストの思惑に、政府がいよいよ介入してきいた。鉄道の事故が意図的に起こるのはキリストのせいだとバレてしまったのである。理由は、第一次世界大戦では、基本的にアメリカは戦争に参加せずぼーっとしていた(鉄道にも興味なし)。しかし、イエス・キリストは世界大戦で飛行機に見とれて鉄道はもうどうでもよくなってしまったので、鉄道が手薄になってしまったという、運営者と主導者の違いが出てきてしまったのである。鉄道はあたりまえのように国有化されて意味のない軍事輸送に当たることとなった。(これで赤字に)これは表に知られていない。

大戦が終わった直後アメリカでは景気が良くなり、カーセックスをするために自動車がよく売れてしまった。なので、ベッドを用意した列車を用意し、自動車どころかラブホテルまで敵に回してしまった。これが本当の敗因である。

第二次世界大戦では資源が不足し経営が激しくなったため、旅客列車は軍事用の新型貨物として売られることとなってしまった。鉄道の経営ではなくなってしまった。その後は、車が発達し、新しい新機種を購入・製造する余力もなかったので、母国の力を借りてまた元気を取り戻した。

キリストの鉄道制作の内容[編集]

ラックな輸送。

キリストがイギリスから最初にアメリカ合衆国に渡ってきたときはが外れたという。当時のアメリカではまだキリシタンが少なかったので、ニューイングランド地方に住んでいたインディアン部族が住んでいたところより、道路網が未発達だったという。しかたなくキリストは、インディアンとの格の違いを見せつけるために植民地人は使い始めた。

ニューヨークなどの都市で船の運航が開始されると、またたくまに都市は発展した。しかし、「船では嵐に会う確率が低く、天国に旅行がしにくい。死ぬ人が増えない。」とキリストの鶴の一声で鉄道建設が始まっていった。

イギリスも加わって、レールと車輪を組み合わせた列車で極秘実験を開始する。重力だけで移動できる優れものであり、アメリカの資源節約に役に立った。最初に客に乗せて自慢(と同時に鉄道死亡事故を最初に客)させようと思ったのはマサチューセッツ州クインシーに建設されたグラニット鉄道である。キリストの第一目標が達成された瞬間である。しかし、現在は売れていないためほかの鉄道会社や政府に買われ、アメリカ合衆国国家歴史登録財として、適当に扱われている。

しかし、すぐに人を頻繁に殺すキリストの教えに反する者たちが作った鉄道で石炭などの運輸も始まった。キリスト教信者はこれを許さず、こっそりとダイヤの混乱が起こりやすい複線化を実施した。人は乗ってないのだが。また、スイッチバックも開発され、列車をレールの途中でぶつからせる高度なテクニックが可能となった。

その後もさらにキリストの鉄道死計画は暴走を極める。まずは、手始めにケーブルカーが設置された。というかケーブルカーぐらいしか設置できないくらい技術がなかった。しかも過疎地帯のに建設されるため天国行きの電車の人員が見込めない結果となり失敗。

そこで満を期して登場したのがボルチモア・アンド・オハイオ鉄道だ。普通の旅客鉄道のタイプで、通っている箇所もきちんとした破滅ルートが取られているため、の作業にはもってこいである。運賃さえ払えば誰でも利用することのできる鉄道であった。運河での天国旅行から鉄道での天国旅行ツアーに早くも切り替えたかしこい鉄道会社だろう。

蒸気による便利化[編集]

いままでの鉄道は重力を使った原始的なものだったため、蒸気船の製造もしていたジョン・スティーブンスが製造を始めた。最初は、ジョン・スティーブンスも「蒸気機関車?なにいってんの?」と言われたが、キリストにあれをされたのと、特許が取れる、と悪魔のささやきが彼の背中を押したのである。

ジョン・スティーブンスは1815年には許可を適当に済ませ、1823年には建設工事を始めたが、いきなり反対運動が起こった。理由はうるさいからである。[要出典]そこで、自宅に自慢用の蒸気機関車を設置した。名前はラック式鉄道。ラクになるからという理由で付けられた。その最先端の技術の速度はわずか時速19km自転車の方が断然早い。

その頃イギリスでは蒸気機関車による火災で天国旅行するのが普通だった。前述のデラウェア・アンド・ハドソン鉄道は重力ではなく蒸気にしようと思い立ったが、失敗。そこで、さまざまな自殺志望者人が、イギリスのストックトン・アンド・ダーリントン鉄道を見学しに行った。電車を多数発注して、帰ってきたものの、アメリカの大雑把な技術力では産業革命で、全盛期で調子に乗っているイギリスの高度な文明は通じなかったのか、重量オーバー(アメリカ人の体重が重いから)で、設置は見送られた。

その後、ほかの鉄道会社でも、蒸気機関車を設置する争いが起きた。ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道は無理やり蒸気機関車を置いて、ほかの人にアピールする二番煎じ的なことをやったが、「の方が便利だ」と言われ、諦めてしまったという。当時は馬の方が暴れやすく、死にやすいと思われていたのである。でもその後、コンテストを実施したところ、次々に野次馬が集まって、開業したという。

最初に蒸気機関車を開通させたのはサウスカロライナ運河鉄道と言われている。「南部の奴隷がここまでやるとは・・・」と北部の人間たちの対抗心により、蒸気機関車を北部の無駄に存在している鉄道会社も作り始めた。

蒸気機関車が作られると次々とアメリカで使われていった。すると運河の人がもない鉄道事業者に対して訴訟を起こし始めた。さすがアメリカ。また、牛を二頭持っていそうな牧場からもうるさいため嫌われている。おちちの出が悪いようだ。

自爆エリアの拡大[編集]

鉄道が発達し始めると、さっそく人生に行き詰った人たちから、自分のところで願わくば死にたいという声が出始めた。これは、鉄道狂時代という時代の区切りとされた。エリー鉄道は運河と同じエリアに鉄道を建設したため、普段から運河で天国旅行をしていたものに対し、新しい可能性を教えてくれた。鉄製のレールを使用することによって、新しいインパクトのある事故を起こすことが可能となった。しかし、何を誤ったのかを殺したり、でレールを燃やすなど人以外の物をなくしてしまったのが多い。

関連項目[編集]


この項目「アメリカ合衆国の鉄道史」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)