アリエル (自動車)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アリエル (自動車)」の項目を執筆しています。
ありえない? アリエルでしょ
アリエル について、生田斗真

アリエル(Ariel)は、日本語の語感とは裏腹に、常識的に考えてあり得ない車を製造している変態紳士自動車製造業者である。

概要[編集]

1991年、「ソロクレスト(Solocrest)」として創業。2001年、かつてあったバイクメーカーの名前を丸パクリ復活させる形で「アリエル」に改名した。

生産している車種は「アトム」1車種のみ[1]で、従業員は7人しかいない零細企業である。それゆえ、アトムの開発時には大学生の力を借りるしかなかった。

アリエル・アトム[編集]

おじさんもビックリして何も言えなくなるこのフォルム

アリエル・アトムは、アリエル社が現在に至るまで唯一生産しているライトウェイトスポーツカーである。

このトチ狂った車の開発には、コヴェントリー大学の生徒も参加している。つまりこの車はスピード狂のイカレ大学生のコンセプトがそのまま形になった車なのである。ああ恐ろしい。

こうなる

ボディはパイプをつぎはぎして作られており、いわば超高速で走るである。タイヤや乗員はむき出し、ハァ〜 パネルも無エ 屋根も無エ フロントウィンドウあるわけ無エという無い無いづくしである[2]。そのため、ヘルメットを被らなければ顔の皮膚がたるみにたるみまくり、風圧で目が押しつぶされる危険性すらある。しかし、そのおかげで車重は500kgを切っている。やったね![3]

徹底的に軽量化を図ったため、この車は兎に角バカッ速い。現在積まれているエンジンは、220馬力を誇るホンダ製であり、シビックRインテRと同じもの[4]である。そのエンジンにスーパーチャージャーを追加したモデルもあり、更にはのエンジンを2機つなぎ合わせたV8という狂気の仕様も存在する。噂によると、「アトム」という名前には「おなら」という意味もあるため、オナラターボを搭載したモデルまであるとか[要出典]。兎に角、この車は空を超えて 星の彼方まで行ってしまうほどの速さを誇るのである。

脚注[編集]

  1. ^ かつては「アリエル・ノマド」や「アリエル・エース」もあったらしいが、なかったことにされている。
  2. ^ 俺らこんな車嫌だ。
  3. ^ そこまで軽くする必要があるのかは不明。
  4. ^ 残念ながら、ンバァァァァァァではない。

関連項目[編集]