アリエル (自動車)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アリエル (自動車)」の項目を執筆しています。

アリエル(Ariel)は、日本語の語感とは裏腹に常識的に考えてあり得ない車を製造している変態紳士自動車製造業者である。

概要[編集]

1991年、「ソロクレスト(Solocrest)」として創業。2001年、「アリエル」に改名。この「アリエル」という名前は、かつてあったバイクメーカーの名前を丸パクリしたもの復活させたものである。所謂「バックヤードビルダー」であり、今まで生産してきている車種は「アトム」1車種のみで、従業員は7人しかいない。それゆえ、アトムの開発時は大学生と共同で行われた

アリエル・アトム[編集]

アリエル社が今に至るまで唯一生産しているライトウェイトスポーツカーである。まず一見しただけでは市販されているナンバー付き車両であることがあり得ないと思えてしまう。このトチ狂った車の開発にはコヴェントリー大学の生徒も参加している。少量生産のスポーツカーでさえ大企業が生産する日本ではあり得ないことである。ボディはパイプをつぎはぎして作られており、タイヤや乗員はむき出しだわ、ソフトトップも無ければフロントウィンドウも無いわで無い無いづくしである。そのため、ヘルメットを被らなければ顔の皮膚がたるみにたるみまくり、風圧で目が押しつぶされる危険性すらある。しかし、そのおかげで車重は500kgを切っている。この変態ボディに積まれているエンジンは、当初はローバー製であったが現在は220馬力を誇るホンダ製であり、シビックRインテRと同じものが使われている。そのエンジンにスーパーチャージャーを追加したモデルもあり、その上にはのエンジンを2機つなぎ合わせたV8も存在する。噂によると、「アトム」という名前には「おなら」という意味もあるためオナラターボを搭載したモデルまであるとか。いずれのモデルも、常軌を逸した速さを見せつけてくれる。

関連項目[編集]