アルパカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「可愛い・・・かな?」
アルパカ について、高坂穂乃果
「え~、可愛いと思うけどな。首のあたりとかふさふさしてるし。あぁ、幸せ~。」
アルパカ について、南ことり

アルパカは、山羊でもでもラクダでもないの動物である。

生態[編集]

羊とラクダを足して2で割ったような姿で、白と茶色の2色いる。彼らは基本的に何も考えていないような顔をしたまま草を食べながら人間を見つめているので、人間からしたらどう関われば良いのかよく分からないのである。とりあえず触ったり話しかけたりしても特に何も起こらない。何があっても喜んでいるのかいないのか判別つかない顔、いわゆるポーカーフェイスが上手い。ラクダのような目立った"こぶ"が見当たらない。リャマに比べるとそんなに可愛くない中途半端な姿。そのような特徴なのでどう記事にすれば良いのか分からないくらい謎である。

分かる範囲で記述すると、アルパカには歯がない。食べ物をかみ切るのに4~5時間かかってしまうので、そのせいか少量の草を食べるだけで満腹中枢を刺激することになるのでかなり少食である。また、唾液がものすごく臭いらしく、人間が舐められるとその臭いが消えるまで数日間かかるらしい。

後は本当によく分からないので以下の動画を参考にしてほしい。

毛刈り[編集]

毛刈り前
毛刈り後のアルパカ(中央)

アルパカは時間が経つと山羊や羊と同じく毛がふさふさになる。なので飼育員が定期的に毛を刈ってあげないと、その毛で窒息死してしまう。が、その毛を刈った後の姿が面白い。動物なのにブーツを履いているように見えたり、帽子をかぶっているように見えたり、マフラーをしているように見えたりする。山羊や羊も飼育員が毛刈りをしている事があるが、刈った後のその姿はこれらの動物にはないような面白さであり、動物界のファッションリーダーと呼ばれている。

このような説明は生態の節で書けば良いのではと思う人もいるかもしれないが、「毛を刈った後の姿が面白い」というのは見た目だけの説明であって生態の説明とはちょっと違うのでここに記述している。

アルパカの利用[編集]

  • 前述のとおりアルパカは定期的に毛刈りされるが、その刈った毛で衣料品を作っている。
  • アルパカの糞は燃料として使えるため、インカ帝国では暖房の燃料にはこれが使れており経済的。ただし、部屋の中がその臭いで充満することもしばしば。
  • 山羊や羊と飼育されていることが多く、大半はある程度成長したら他の動物ともども食肉加工されてしまう。なお、味は羊に比べて劣るらしい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アルパカ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「アルパカ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アルパカ」の記事を執筆しています。
  • 山羊
  • ラブライブ! - 学校でアイドルグループ活動をしているという内容なのに、やたらとアルパカが登場するアニメ。
  • セ・パ交流戦 - イメージキャラクターとして起用されている。