アルプス中央駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アルプス中央駅( - ちゅうおうえき)は、長野県飯田市にある中央新幹線飯田線の駅である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「アルプス中央駅」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

長野県南部で繰り広げられた壮絶な新幹線駅争奪戦の果て、地形的に最も無理がなく、対立の激しかった飯田市駒ヶ根市の中間に建設された。新幹線とほぼ直交するように在来線ホームが設置されている。

構造[編集]

地平の飯田線をほぼ直角に中央新幹線がオーバークロスしている。

中央新幹線ホーム
中央に複線の通過線をはさんだ対向式ホームである。中央新幹線の速達型列車はアル中駅をほぼ最高運転速度で通過する。このため、風圧や電磁波ノイズ対策としてホームドアが設置されているが、電磁波ノイズを気にしてか銀色の全身タイツを着て乗り降りする者が多い。
飯田線ホーム
2面4線の島式ホームをもつ交換可能駅である。開通記念特番や鉄腕DASHで試みられて以来、下山村駅まで走る者が後を絶たず、無理な踏み切り横断によるグモッチュイーーンが多発している。

合併をめぐる紛争[編集]

かつて平成の大合併の際に、この地域は駒ヶ根を中心として中央アルプス市という名称になる予定であった。しかし、駒ヶ根には長野県でも有数のアルコール依存症患者が多数入院する病院があり、折り悪く中央道で飲酒運転による多重衝突事故が起こるなど、町のイメージダウンを恐れた住民により、合併の住民投票は否決された。

この多重衝突事故については、一説には駒ヶ根の肥大化を恐れた飯田側が走行車両のタイヤを狙撃したテロともされているが、当時の市長が「窓に!窓に!」という書置きを残し、全身をずたずたに切り刻んで自殺するなどしたため真相は明らかになっていない。

そもそも、合併を言い出せんようなシャイな市民が多い飯田線沿線で、このような血みどろのテロが起こることは到底考えられず、偶然の事故だとするのが一般的である。

平成の大合併では、中央アルプスの反対側で旧山口村争奪戦が勃発、住民を巻き込んだ内戦となり多大な犠牲者を出している。特に、松本トルコ事件と、名駅MELAS事件の二大テロ事件では、デパートが爆破され一般人に多くの犠牲者が出ている。旧山口村の村民はほぼ全てが岐阜県民に置き換えられた。中津川市では産児制限など非人道的な政策が今も行われているといわれる。

昭和の大合併の際にも、中央アルプスの反対側で旧神坂村争奪戦が勃発、国鉄伊中線の建設計画が大幅に遅延するなど、木曽・東濃地区での自治体合併には常に流血が伴っていた。

これらの地域紛争が、伊那側でも同様の事件が起きたはずだとする、部外者の噂につながったという意見もある。

隣の駅[編集]

JR東海
中央新幹線
中落合駅 - アルプス中央駅 - 諏訪野しおり駅
飯田線
飯田上郷駅 - アルプス中央駅 - 元善光寺駅

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「アルプス中央駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)