アンガールズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

半ガールズアンガールズ(英:Ungirls)とは、つまらないタレントばかりヤクザと寝て公共の電波を汚す日本の芸能界に、もっと面白みを与えるべく2002年にデビューしたお笑いコンビで、宇宙人である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アンガールズ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Ungirls:宇宙空間」の項目を執筆しています。

メンバー[編集]

田中 卓志えがしら さんじ じゅっぷんまえたなか たくし、1976年2月8日 - )

山根 良顕(やまね よしあき、1976年5月27日 - )

  • アンガールズのボケ担当でリーダー(自称)。身長180cm、体重53kg。血液型O型。メスだが、後述の理由で男性のフリをしている。しかし、世間からは「箕輪はるか(ハリセンボン)や長沢美樹阿佐ヶ谷姉妹に似ている」と言われてしまっている。ただ、髪を逆立てると、餓死寸前の布袋寅泰に似る。最近では、『ヘキサゴン』の『縄跳びクイズ』で、宇宙人である事もバレ始めている。おかっぱ頭が特徴。
  • 2008年3月、クリス松村ラクダとカッパというユニットを結成。こちらはカッパ。

※尚、名前は共に地球上で使う偽名であり、本名は不明。

概要・来歴[編集]

山根氏の力瘤。
  • とてつもなく細長~い身体が特徴だが、その正体は紛れもない宇宙人。公の場に出てくる時の姿は、キグルミを被った仮の姿である。更に私生活でもキグルミを着用しているので、キグルミを取った時の姿は一切不明だが、「棒人間の様な姿をしている」という仮説が定義されている。
  • 元々は、単に地球へ観光しにやって来ただけなのだが、その途中で宇宙船が故障してしまう。何とか地球には到着したものの、日本広島県に不時着してしまう。以来、母星に帰る為に宇宙船の修理費を稼ごうと、2000年に上京、2002年に芸能界デビュー。ちなみに、世間では男性2人のお笑いコンビと称しているが、理由は「芸人は男性でないとなれないと思っていた」とのこと。つまり、彼らは当初女芸人を男と誤認していた模様(現在は、認識を改めた)。しかし、活動を続けるにつれて、次第に芸能界の汚れた裏の一面を知り、芸能界を変える事を決意。以来、本格的に地球で暮らし始め、ブレイク後も芸能活動を続けている。
  • お笑いが本業の2人だが、カープ芸人としても積極的に活動している。
  • デビューして以来、その奇妙な体型から「キモカワイイ」と評され、若い女性を中心に人気を集める。しかし、「本当にキモカワイイのは山根だけで、田中は単純にキモイだけ」という声もある。実際、女性からの評判は山根の方が良い。
  • 芸人の中で唯一、サブページに耐性を持っている。
  • ふかわりょうと大変仲が良いのだが、出会った当初は自分達と同じ惑星の仲間だと思い込み、拉致しよう母星に連れて帰ろうとした(当時のふかわは、病気によって容姿が変化していただけで、宇宙人ではない)。
  • ジェンガが好きで、彼らの母星ではこれが大ブームらしい。彼らの持ちギャグである「ジャンガジャンガ」も、これを元に取られた。
  • 身体が細すぎるので、献血に行ったら断られた。
  • 2006年、「異常に痩せ細った身体で、とこまで体力が持つか?」という実験として、『24時間テレビ拷問ともいえる100kmマラソンを走らされたが、見事完走した。

母星・生態について[編集]

  • アンガールズが住む星については、様々な推測がされているが、少なくとも以下の説が有力である。
    • 平均身長は、オスが190cm、メスが180cmぐらいあって、異常なまでに痩せ型である。
    • 宇宙船もロケット以上に細くなっており、普通の人が入るとかなり窮屈に感じるらしい。
    • 争いを好まず、平和主義。
    • 寒さに非常に弱く、冬のロケは人一倍、厚着している。ちなみに、彼らの母星では「冬」という季節がなく、雪も降らないらしい。
    • 熱中症になると、身体が干乾びてミイラの様な状態になってしまう。
    • 2人とも体力は意外とある方で、先述の通り2006年度の『24時間テレビ』で100kmマラソンを完走した。但し、運動神経が抜群かと言われると、そうでも無いらしい。また、知能面も優れており、「クイズ番組に出て来る問題なんて、殆ど小中学校で習いましたから。」と笑顔で述べていた。

女性関係[編集]

2人とも石田純一並みに恋愛経験が豊富ではないが、地球にやって来てから、地球人女性とのロマンスを経験しており、しかもそのエピソードには大変興味深いものがある。本項では、その中でも特に有名なものを紹介する。

  • まず、先にロマンスを経験したのは山根の方だった。2005年8月に番組で共演した山川恵里佳と交際を始めるが、実は番宣目的である事が判明。尚、きっかけは「山根さん、貴方メスなんだから、私の好感度アップと番宣の為に協力しても良いわよね!」と言われたかららしい。その後、山川は2007年にモンキッキーと結婚。以後、女性不信に陥ったと言われるが、女性芸能人の友人は多い。ただ、『クイズ!ヘキサゴン』の番組ドッキリ企画で迫ってきた蒼あんな・れいなや、デート企画のパートナーで2人で食事をした事もある神戸蘭子に「別に好きじゃないから」と、全く興味を示さず、神戸からは「なんで山根さんにフラれなきゃいけないの!」、蒼姉妹からは「本気でショックだった」と言われた。遂にはデリヘル嬢を派遣して、既成事実を作ろうとするも失敗。だが、メスなのだから、仕方ない。尚、男性にも興味は無く、無性愛者と思われていたが、2013年11月に一般女性と結婚した。理由は、本人曰く「男としても女としても尊敬出来るから」「この人と結婚する為に性転換までした」
  • 田中は、『クイズ!ヘキサゴンⅡ』で、山本モナと共演したことを機に、メールのやり取りや野球観戦デートをする様になった。しかし、モナが元恋人とデートをしていたという報道が流れ、これを知った山根は「お前も利用されてるだけなんじゃないか?」と言った所、田中は「モナさんは、そんな事をする様な人じゃなあああぁぁぁい!!!」と血涙を流しながら、激怒した。尚、モナ本人もこの事を否定していたが、後に自然消滅した模様。その後、南明奈スザンヌに興味を移すが、彼女達からは壮絶にキモがられてフラれた。

関連事項[編集]


この項目アンガールズはまだキモいだけです。キモ可愛くしてくれる人を探しています。 (Portal:スタブ)