アンクレット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「装身具」の項目を執筆しています。

アンクレット(Unclet)とは、奴隷の所有権を証明するための拘束具である。

起源[編集]

捕まえて来た奴隷の逃亡を防ぐため、身体的自由を奪う目的でその足首に(鉄球と鎖でつないである)鉄環をはめたのがアンクレットの起源であるが、やがて奴隷制度が廃止されてしまうと、今度は「足首に何も着けていないと、何となく落ち着かない」という意見が続出した。これも数世紀の長きにわたる奴隷制度の弊害であるが、どうしてもスースーしてしまうものはしょうがないのであり、そのニーズに応えて考え出されたのが装身具(アクセサリー)としてのアンクレットである。

装着[編集]

ブーツの上から装着。

かくして今日、アンクレットは女性のお洒落アイテムとして、さまざまな種類のものが出回っている。男性用もないことはないが、自分がマゾヒストであることを表明しているのと同じ意味になってしまうため、男性のアンクレット装着について容認する社会はあまり多くないのが現状である。例外として、男女のカップルがペアで装着することは認められているが、これはあくまでも「この女は私の所有物である」ことの表明となるためであり、この場合は男女それぞれが同じ形のアンクレットを装着するのが常識となっている(サイズが違うのはやむを得ないとされる)。ちなみに、このペアで装着するアンクレットは、奴隷同士を鎖でつないだ拘束方法が起源となっているため、同じ奴隷同士、男女の平等な関係を表しているとする意見もある。また、独身女性が公共の場でアンクレットを装着するのは「あぁっ、どなたか素敵な殿方が、私を恋の虜にして下さらないかしら?」すなわち「ご主人様、募集中♪」という意味になるので、明らかにタイプでない男性の前ではさりげなく外しておくのが賢い使用法である。

倒錯[編集]

また、アンクレットはその本来の意味から、自分で装着するよりも他人(パートナー、その他)に装着「させられちゃう」シチュエーションの方が限りなく気分が盛り上がるものであり、パートナーのモノに「してもらう」快感や、見知らぬ誰か(という設定)のモノに「されてしまう」被虐の快感を味わうことが出来るのでおススメである。

類似品[編集]

よくある商品にブレスレット(Bracelet)やネックレス(Necklace)があり、こちらのほうが目立つという意見もあるが、これらはいずれも奴隷の拘束具から生まれた装身具である[1][2][3]ため、好みの違いはあるもののどれを装着してもいいと言われている。

脚注[編集]

  1. ^ 「アンクル(ankle)」は足首、「レット(let)」は拘束(=輪)を意味する。
  2. ^ 「ブレス(brace)」は腕、「レット(let)」は以下同文
  3. ^ 「ネック(neck)」は首、「レス(lace)」は提げるもの(=鎖)を意味する。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]