アンサイクロペディアが落ちる法則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事では、アンサイクロペディアが落ちる法則についてを説明する。

多くの人間が誤解していることとして、アンサイクロペディア重いサイトであり、多くの閲覧者が集中すればするほど動作が不安定になり、最終的に見れない状態に陥るという話が存在する。しかし、それは2010年以前の話であり、それ以降のパソコンやスマートフォンの発達、サーバーや回線などの周辺機器の改善の結果、一般的なデータ取得において、Wikiシステムを使用して文字やサムネイルといった軽いデータしか存在しないサイトであるにも関わらず、サーバーが定期的に吹っ飛ぶレベルで回線が込み合うなんて話は、本来であればありえないはずである。だけれども、残念なことに2014年現在でも、ごくごく普通にアンサイクロペディアは重くそして見づらくサイトが定期的に落ちる状況が続いている。

以下に、大変に分かりやすいその理由について解説する。

解説[編集]

2014年6月16日、アンサイクロペディアの複数あるドメインのうち、いわゆるinfoと呼ばれるほうのドメインに問題が生じ、閲覧が不可能になる。それに対し、いわゆるorgと呼ばれるドメインではごく普通に読み込める上、普通に書き込めるという状況になっており、こういったアンサイクロペディアの日常に慣れていない一般のinfoのドメインを利用する人々が、てっきり落ちていたとばかり思っていたらいつの間にかこんなに更新されていたぐえええええとひどく嘆くなんて話になる。

これは、ぶっちゃければ、意図的にinfoに集中して負荷が掛かっているためであり、その結果、いつもどおり2つあるサーバーの内1つに接続できず、サイトが閲覧が出来なくなっているためである。別ドメインのorgがまったく問題ないということは、そういった負荷が掛かっていないないことを意味する。ちなみに、なぜこういった不可思議な現象が発生するかを適当に妄想すると、面白い記事で尚且つけっこーなスキャンダルを巻き起こす記事が出てくると、なぜだかアンサイクロペディアが重くなるという一つの法則が存在しているためである。なぜだか。

ちなみに、6月16日現在の不可思議な接続不良を巻き起こした記事は、大手マスコミが英文の原点を確認せずに小説の一部分だけを大々的に引用した結果、フランクリン・ルーズヴェルト大統領の発言とはまったく違う内容が大々的に宣伝され、その結果、赤っ恥が大いに拡散されることになった「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事がそれに該当するものと思われる。そして、この件が拡散しないよう、どこかの誰かが動いた結果、なぜだか1つだけドメインだけ塞がれるなんて話になる。

なお、こういった話について専門の業者はしっかりとアンサイクロペディアの全てのドメインをつぶすのだけれど、なぜだか、今回はinfoのみ塞がれるという、まさに片手落ちの状況であるのだけれど、これについては、専門の業者と会社員の間には大きい壁が聳え立っているためとする。

もちろん、こんな話は大嘘で、単に数ヶ月に1度行われるサーバーのメンテナンスの可能性もある。しかし、アンサイクロペディアのサーバーのメンテナンスは月一、もしくは週をまたぐほど頻繁にかつ長期間にわたって行われるなんて話を信じろというのも厳しいため、やはり、ナニカベツノセイリョクガウゴイテイルノデハナカロウカ(ボー)。

もっとも、そうされる原因もしっかりと存在しており、何よりアンサイクロペディアというサイトは、それが笑える話であるならば、いわゆる大手マスコミを中心とした秩序を嬉々として破壊することをいとわない。そのため、心をこめてデマと適当な予測と、何よりも、両方のドメインを潰そうとしない担当者の過失をことのほか楽しむものである。同時に、そういった業者によってアンサイクロペディアなるいたいけなサイトが攻撃されているだの日本の情報社会はこれでいいのかーとかいう虚言をこういった機会に撒き散らすものである(棒)。

ああなんてかわいそうなアンサイクロペディア。けれど、その結果、サイトを落とすぐらいの記事を書けば、より記事の信憑性と情報の拡散力が分かるという話につながるため、それはすなわち、書き手にとって大変にうれしい読み手の反応である。そして、こんな情報が、こんな発想が、さらにはこんなごく当たり前の話が、そんなにもダメージがでかいのかという証明にもなる。あわせて、2014年6月現在のサーバーのメンテナンスの詳細について説明すると、当該記事ではうまくぼかされているものの、実際のところ7点取られても8点取るなどという逆転をメインにした高視聴率ドラマが、実は私は15点以上も点が入るようなゲームが好きだという話を又聞きの又聞きした結果、なぜだか8対7という試合だけピックアップされ、その結果、大統領の言葉の真意とはまったく異なる逆転をメインにした話でドラマを作成してましたーなどというスキャンダルがそこにある。そらあ、こんな話が最終回前に出てきては、どこぞのテレビ局は困って当然の話である。

けど、まぁ、困れ。

日常[編集]

なお、アンサイクロペディアをなるべく人に見せたくない一部の人々は、なぜだか情報を隠蔽する傾向が強く、そういった情報を心を込めてGoogleの検索結果のトップに送り込むことで、なぜだか多くの人の笑いを誘うというのも1つの人間社会における真理となっている。特に、新聞テレビといった媒体が隠そうとする話を普通分かりやすくちょっとした笑いも交えて小学生でも理解できるように加工して記事を作成すると、なぜだか、アンサイクロペディアのサーバーが感動してかもしくはショックに震えて落ちるまでが一連の流れになっている。

特に、韓国在日といったキーワードを有する事件や事故が、なぜかあっという間に消え去ろうというときに、心をこめて記事を作成すると、なぜだか世の中の反応が強く現れると同時に、サーバーが休眠期に移行。特に、マスコミ各社が報じないことで有名になった生野区の事件靖国神社の放火などを心をこめて記事にするだけで、不思議なことにアンサイクロペディアで連続してサーバーのメンテナンスが行われる。実に奇妙な偶然である。

もっとも、この一連の流れについて、本来であればサイトへの警告という形で現れてしかるべき話であるのだけれども、いかんせん、周辺機器もパソコンもスマホも発達する以前から重くて見れないのが日常というイメージが強いサイトであったため、利用者全員、いつもの話として華麗にスルーすることが当たり前になっている上、そもそも、いいネタというものは、しっかりとした休息から生まれるものであって、じつにまったく定期的なサーバーのメンテナンスというものはいい休息になる。

ある意味、アンサイクロペディアの日常である。ちなみに、こういったアンサイクロペディアの暴挙を黙らせ、なおかつサーバーのメンテナンスを押し留める最も有効な方法は、ウィキペディアで記事にすることと、普通にそういった事件や事故を包み隠さず放送することであるのだけれど、それをしなかったがためにいつまでもいつまでもGoogle他各種検索サイトで検索した際にトップページをアンサイクロペディアが飾るなどというジョークがそこかしこでまかり通る。

日本の情報産業の行く末を占う上で、実に楽しい話である。

殿堂入り記事[編集]

この項目では、実際にアンサイクロペディアのサーバーを落としたと思われる記事を記載する。当然、たまたまサーバーのメンテナンスがかぶった可能性もある。けれども、それぐらい大きな反応を巻き起こした記事を書くという目安は大事である。今後、大規模なシステム障害が発生した際は、事前の記事をチェックすることでいろいろと分かるものが出てくる、可能性もある。

外部リンク[編集]

以下に、日本語版アンサイクロペディアのドメインを記載する。

関連項目[編集]