アンサイクロペディア (エロゲ)/8

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
 <アンサイクロペディア (エロゲ)
整備士として保守に没頭する姿。
えふ氏( - し)

優秀で寡黙な働き者。あちこちで繰り広げられる管理者同士・管理者と荒らしのナグラロクには興味が無いようで、黙々と働いているロボットのような存在。その機械的な行動ゆえ、ボットと間違われることもある。ごく希に毒舌を吐くが、それを目撃できれば最高にラッキーかもしれないくらい希である。

たとえ即時削除されそうな記事でも{{DEFAULTSORT}}の追加には手を抜かない公平さを持つ。くぎりネッツと共に、アンサイクロペディアという巨大機構において日々点検・修繕を行う、地味であるが重要な位置付けにある女性保守員である。

名前の後ろに「氏」をつけて呼ばれるのを何よりも嫌っており、万が一そう呼んでしまった場合は、即刻バッドエンドになってしまうので注意。

趣味はテンプレ作りと、間抜けなアンサイクロペディアンの記事のフォロー。どんなに様式がデタラメな記事でも、大方の場合は彼女などの手により補正されてしまう。

精神年齢はFではなくS。万物にDEFAULTSORTとカテゴリを追加させる程度の能力を持つ。


下ネタキャノンはいつも臨戦態勢。
扇町グロシア(おうぎまちぐろしあ)

どこかから送り込まれたシーモネーター。硬い口調でHENTAIチックな事を言う、所謂清楚系ビッチ。自分が投稿した記事を殆ど触らず、美化委員に任せっきりにするという変わった癖がある。

気まぐれで萌え擬人化とおっぱいを愛する百合っ子であり、プレイヤーに興味を示すかは微妙である。週刊少年ジャンプや特撮ヒーローの話をふると反応するとも言われており、話題次第では好感度を上げられるかもしれない。

この頃は監査委員から癒着を疑われているらしいが、そのようなことはつゆ知らず、という無垢な側面もある。

精神年齢B+。5000バイトの壁を超えない記事を生み出す程度の能力を持っていたが、今ではむしろ巻き戻し失敗をしないなどの正確かつ迅速な管理を行う程度の能力に切り替えている。


彼女の研究の成果が、今日もどこかに潜んでいる。
黒土(くろつち)

代々受け継がれている伝説の錬金術師の血を引く大学院生。一人前の錬金術師になるべく、アンサイクロペディアにて鍛錬に励んでいる。くず鉄にしようと邁進中である一方で、鉄くずのままとなったものには適切な掃除の判断を下すことがある。

化学者として金属と戦っていることもあるので、攻略する場合は彼女のパートナーとなって実験に協力してあげるのが良いだろう。ただし夜行性なので夜9時前に寝る良い子は攻略を諦めた方がいい。

精神年齢B+。酸化還元反応を自在に操る程度の能力を持つ。

存在感を薄くし、任務を確実に遂行するくノ一の鑑。
誰か(だれ - )

忍者の家系のお嬢様で、気配を消すことが得意。それゆえ、「存在感の薄い」というポジションを後述するRoadから奪いつつある。利用者ページは完全に便利帳にしてしまうという、大胆な性格のツインテール少女である。

意外に面倒くさがり屋なので、ノートに何か書かれてもレスは返さない。しかし行動はまさに忍者そのものであり、地味な記事編集・執筆活動、新人に対する案内送付、荒らし処理などが多いものの、それらを確実に遂行している。

削除系テンプレートを貼るときも欠かさず存在感を隠す。これはもちろんどうしようもない記事とその書き手など、取るに足らないと考えているからである。

この頃は自動手裏剣製造機の研究に明け暮れている。

精神年齢A。どこからともなくフォーラムや会話ページに手裏剣を投げ込む程度の能力を持っているでござる。ニンニン。

赤い髪が美しい。
Peacementhol(ピースメンソール)

つねに口にタバコ(実はチョコ)を咥えたヤンキー娘。

相手を射抜くような鋭い瞳、赤く染めたウェーブした髪の毛、180のタッパ。見るからに敵を威圧するそのさまは周囲から恐れられ、距離を置かれている。しかも、内に秘めた上昇志向からくる積極的な行動は周囲から誤解され、幾度となく周囲の管理者に警告を受ける。『伝説乃亜羅死殴』なるレディース集団のヘッドらしい。

心身ともに傷ついた彼女を救うところからルートは分岐するが、彼女に関しては本編を逸脱する(仁義なきチェチェンの戦い編をはじめとするオリジナルストーリーのため)シナリオがあるため、メインヒロインを三人以上クリアしてから選択可能。なお、狐ルートの途中でとおりがかる女性三人組と仲良くなり、そこから彼女の存在を知る必要があるため、非常に出現難易度が高いキャラクター。

なおMuttleyお姉さまにイケナイ感情を抱いている。のびた姉妹の次女でもあるらしい。生徒会役員候補として長らく役員見習いをしていたが、学校で何か問題行動を起こしたためか断念した。そして第二弾では生徒指導の先生の協力のもと、生徒会役員として活動中。 また、何年経っても、今年で10才らしい。趣味はいわゆる「かちこみ」で、しばしば、他人のトークページに突撃している。

精神年齢C。プレビュー活用依頼を提出する程度の能力を持つ。

得意げにスクープを語る時のご様子。
micch(みっちゃん、みっち)

なでしこジャパンを夢見る女子サッカー選手。日夜練習に励む傍ら、普段は新聞記者として働いている。目指すサッカー界のニュースはいつでもばっちりチェックしており、女子サッカーだけでなく男子サッカー界のニュースにも注目を欠かさない。また過去には沖縄アクターズスクールに所属して芸能界を目指していた事があり、バードカフェ関連の番記者を務めた経験も持ち、スポーツ以外でも敏腕な面をのぞかせる。持ち前のバカ発見能力を駆使してスクープの匂いを嗅ぎ分け、アンニュースにスクープを提供する。

精神年齢B+。アンサイクロペディアを悪質なデマサイトに変える程度の能力を持つ。

本来の姿。相当上手にプレイしないと見ることが出来ない。
.旻(みん)

アンサイクロペディア第一線で活躍する宇宙から来た謎の少女。日向家に居候し、地球侵略の一端を担っているとの噂が絶えない。おじさまであるケロロ軍曹のそばにいるだけで幸せを感じている。他の利用者、特に生徒会からの人望が極めて厚いが、それが災いして時間が経つにつれて攻略が難しくなっていく。序盤にどうアタックをかけられるかで攻略法が大きく変わってくる。

新しい記事が出来たら次々とそのタイトルの単語があるページを見つけ、リンクしていく天使のような存在。序盤さえ上手く行けば彼女の方から助言がくるなど攻略のしやすいキャラクターだが、少しでもヘマを見せると地球が破壊されるというとんでもないバッドエンドを迎える。

精神年齢A。 的確な答えを出す程度の能力を持つ。


仇のネズミにも似ているが、別物である。読書にふける姿。
Lemmingdead(レミングデッド)

自殺願望があるというレッテルを、「ライバルとなるネズミ」を有する著作権にうるさい企業の裏切りで貼られてしまった、可愛そうなレミング(ウェアラット)の少女である。彼女電車大好きなのでデートは主に電車である。

ネズミが嫌いな車掌さんに見つからないようかくまってあげると好感度が上昇する。とはいうものの通常のハムスターの3倍近い機動性を持ち、赤方偏移で赤く見えてしまうほどなのでよほどすごい車掌さんでなければ逃げ切れる。ボーイッシュな娘だが、おかまではない。

精神年齢A。害獣を操る程度の能力を持つ。