アンダーライン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アンダーライン」の項目を執筆しています。

アンダーラインとは、闇の教本の語句の下に引かれる線のことである。マーキングとは別のものであるが、目的は同じなのでここに記述する。

概要[編集]

アンダーラインは、文中の重要な語句を目立たせるために、マーカーやボールペンなどで語句の下に引く線のことである。しかしながら、教師がいう「はい、ここ重要です。チェックしてね♪」と言った場所が、実際にテストに出る確率は約60%ほどである。それに対して、黒板に書かれたことがテストに出る確率は約95%である。はっきり言ってアンダーラインを引くよりは、ノートをきちんととったほうが効率的である。それでも、楽をしたいがために40%の無駄を覚悟でアンダーラインを引く者の大体が、校内順位下位を占めるチャクウィキからの使者である[要出典]

しかし忘れてはいけないのは、アンダーラインすら引かない勉強する気がない者は本当のバカである

用例[編集]

ここでは、具体的な用例について説明する。

適切な量[編集]

適切な量。

記載量については、大体の場合においては文章全体の約20~25%程度が最適とされている[不要出典]。教科書における文は大抵は簡潔な形であることが多く、そのため重要な語句の使用は限定的であること、また同時に、引き過ぎるとどこが重要か分からなくなることなどがその理由である。修正テープでマーキングをするという方法も存在するにはするが、この手法ではその語句が見えなくなってしまうという欠点が存在することから、あまり推奨されていない。

もっとも、前述したように実際はアンダーラインよりはノートをきちんと取った方が確実という点はあるため、その点は重要である。さらにいえば、一部ではアンダーラインの使用はむしろ逆効果という説も存在する[1]が、本記事においては不都合な真実に該当するため誰も気にしない

なお、友達に借りた教科書にアンダーラインを引いてはいけない。友人関係が破綻すると言っても良いだろう。

不適切な量[編集]

不適切な量。多すぎてどこが大事かわからない。

上述の20~25%のうち、20%を下回る場合は一般的には「少なすぎ」と判断される。例え本当に「ピンポイントで重要な部分を抜き出す」といった意図があった場合においても、教師らの目からすれば手抜きと判断されるのがオチであるため、表面的でも良いから適当な箇所にアンダーラインを引いて調整した方が無難である。

また、この20~25%のうち、25%を上回るものは、一般的に「多過ぎ」と見なされる過剰な量である。ここまでアンダーラインを使用すると、実際に重要な箇所が分からない上に読みづらく、これもこれで教師らから「手抜き」と言われてしまう分量である。そのため使用にあたっては、分量はある程度抑制的であることも求められる。この調整の難しさが、毎年多くの学生たちを常に悩ませていると言われる[不要出典]

アンサイクロペディアでのアンダーラインの引き方[編集]

アンサイクロペディアでは、文章にアンダーラインを引くことができる。みんな知らないよな


使い方はアンダーラインを引きたい場所の最初に<ins>を置き、最後に</ins>を置く。これだけ。


なお、アンダーラインを引く際には直前の行間の調節が必要になる場合がある。はい、ここテストに出ますよ。利用者ページにコピペしてアンダーライン引いておいてね。

脚注[編集]

  1. ^ 教科書にアンダーラインを引くと成績が伸びない?物語・流れで記憶する - 銀星の瓦版 2017年8月10日閲覧。しかしこんな堅苦しい形式的な記法などは、誰も気にしないといっても良い。

関連項目[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第37回執筆コンテストに出品されました。
この項目「アンダーライン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)