庵出異

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

庵出異(アンディー、ANDY)は青い瞳のドイツ人。サムライマスター。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「庵出異」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

庵出異、来日[編集]

アンディーは静豆藩と交易があるドイツで働く多彩なドイツ人であった。語学も日本語英語、ドイツ語、フランス語と堪能であった。アンディーの評判を聞きつけた静豆藩主は、アンディーを来日させ、甲冑を与えて仕えさせた。アンディーは名を庵出異と改め、様々な武術を習得し最前線で戦い、静豆藩に多大な戦果をもたらした。庵出異はいつしかサムライマスターと呼ばれるようになった。

庵出異、信念[編集]

庵出異の強さは4つの信念にあった。「冷如風、静如林、過熱如火、不動如山冷やすこと風の如く、静かなること林の如く、攻めること火の如く、動かざること山の如し)」により庵出異はどんな局面をも迎え撃った。

庵出異、死せず[編集]

やがて戦場の型式が変わり、庵出異の活躍は少なくなると思われていたが、静豆藩より新しい武具がすでにRaedy!! 庵出異の戦いは続く。

庵出異、永久に[編集]

サムライマスターとして有名な庵出異だが、姓については一切明らかになっておらず、現存している肖像画も一枚しかなく、その実像には不明な点も多い。その飾らない質実剛健な姿が今も人々を惹きつけている。

関連[編集]