アンドレアス・ファック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アンドレアス・ファック(独:Andreas Fack 1863年1931年)は、ドイツマーカー出身の教育者であり、レーンの歌の作詞、作曲でも知られている。

生まれ[編集]

アンドレアス・ファックは、1863年に岩塩鉱山で有名なマーカーに生まれている。裕福な家庭ではなかったものの、彼は大学にまで通い、22歳の時、教師として故郷へ帰り、そのまま隣町であるレーンで教師として働くことになり、その後、40年近くにわたって同地で教鞭をとることになる。

そんな一介の教職者にすぎなかったファックだったが、実は音楽教育に優れた資質を見せており、ドイツの歌曲の歴史にその名を刻んでいる。中でも1912年に彼がハイキングをした際にインスピレーションを得て作詞作曲した作品「レーンの歌」は、ドイツにおけるハイキングの定番の曲となっており、日本でいうところの「ピクニック」やアメリカのボーイスカウトソング「私が熊とあったら」(森の熊さんの原曲)などの先駆けとなる、子供たちが外で遊びたくなる歌となっている。

その後、1924年に教職を辞した後、彼はレーンの南西にあるカルテンノルドヘイムに移り、そこで1931年に死去する。享年68歳。生涯独身であった。

レーンの歌[編集]

ファックの代表作となるレーンの歌(独:Rhönlied)は、1912年に、レーンの町にある巨大な玄武岩の山に友人たちと登山をした際、ファックが頂上から見える雄大な景色を詩に書いた後、下山した翌日、彼の仲間が冷えたビールを飲みながら作曲したものの、その作品はさっぱりよくないものであった。しかし、ファックがその後になって合流し、再度、彼の手を借りて作り直したところ、一気にドイツの歌の歴史に残る傑作が作り上げられた、とされている。

詩の内容については、ドイツの中心にある高くはないけれど大変に美しい山の頂上と、友人たちとの語らい、道中の川や釣り人といった景色を歌い、そしてコーラス部分で、ハイキングブーツを履いてリュックを背負い、心配を捨てていくと繰り返している。

なお[編集]

どこぞのエキサイト翻訳やグーグル翻訳では、ドイツ語を訳す際にHackはハック、Dackはダック、Backもバックと発音しているが、なぜだか、Fackはファークと誤変換を行う傾向にある。

なんでだろう

関連項目[編集]

外部リンク[編集]