イザナギ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イザナギ」の項目を執筆しています。

イザナギとは日本の性欲絶倫魔王。8,000,000人以上もの子供を作ったという、日本史上最高にして最狂の色情魔である。その壮絶な性欲は凄まじく、一日に1,500人もの女を妊娠させたり、女に触れもせず目を合わせただけでイかせることが出来たというから、人間とは思えない化け物である。だが、その子供の多さのため、万人の神として日本人に崇められている。典型的なやったもの勝ち

業績[編集]

イザナギはまずセックスしようと考えた。暇つぶしに妹からヤらせてみると、妹は首尾よく妊娠してしまった。しかし、妹が出産した初めての子供は奇形だったのでイザナギはこれを不要と考え海に流してしまった。次にイザナギは先輩のアドバイスを受けて自分からヤろうと考えた。結果として妹はやはり妊娠し、出産を繰り返した。いよいよ飽きてくると、イザナギは妹が妊娠中なら良かれと思いみんなとセックスしまくった。その不倫の結果としてまた子供が生まれたが、イザナギはこれを自分の子としつつも隠すことにした。

そうこうしていると、今度は妹が出産の後に焼身自殺を遂げてしまった。あんなやつでも死ぬと寂しいなあ、と思ったイザナギは思い詰めているうちに、やっぱり妹が一番という結論に至った。出産で生まれた子供を殺すうちに祟りでその遺骸から子供が生まれることもあったが、そんなことをしているうちに妹が蘇生。かつては妹が一番という結論に至ったイザナギだったが、あっという間に飽きたので今度は彼女を捨てて黄泉の国に閉じ込めてしまった。すると妹は怒って人を殺すようになったが、一方のイザナギは殺された分だけ子供を作れば問題ないという解決策から、またもみんなとセックスをするようになった。子供はたくさん生まれたが、これが不倫による子供だという事実は公にはマズイと考えたので、イザナギは妹が母親であると子供に伝えることにした。しかし、息子の一人が母親に会いたいと言い出したので、イザナギはこの子供もまた捨ててしまった。やがて、子供たちも近親相姦を始めたが、イザナギはそんなことなど気にも留めずに淡路島で引きこもるようになってしまった。

なお、大本営発表ではイザナギの妻は一人だけであり、当然、子供達の母親は実在の妹イザナミであると公式に発表されている。そのため、彼が成し遂げた1,000P(ランスは41P)や1日に10,000人の女を抱いたという世界記録は抹消され、現在は登録されていない。

関連項目[編集]