イソップ寓話

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イソップ寓話」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アイソーポス」の項目を執筆しています。

イソップ寓話(イソップぐうわ)とは、紀元前6世紀ごろにイソップが作ったとされる世界最古のプロレタリア文学である。なお、ウィキペディアではアイソーポスなる人物が作った事になっているが、これは間違いである。

概要[編集]

紀元前6世紀ごろ、古代ギリシャの奴隷であったイソップは、資本家つまり奴隷主がいかに残忍で愚かな存在であるかを世に知らしめるためにこの物語群を作成した。しかし、彼の子孫が麦わら海賊団のウソップである事から推測するに、彼の話も大部分が虚構であると考えられる。しかし、イソップ寓話が後世に与えた影響は大きく、現在でも世界中の教師たちが、共産主義の素晴らしさを子供たちに伝えるためにこの寓話を利用している。

あらすじ[編集]

ウサギとカメ
怠惰で低能な資本家をカメに、努力家の労働者をウサギに見立てている。カメによる搾取におびえていたウサギが、待遇改善を求めてカメに決闘(レース)を申し込む。しかし、日々の厳しい労働のために体力が消耗していたウサギは、レース中に意識を失って倒れこんでしまう。そしてその横をしたり顔で通り過ぎるカメ…。資本家のずる賢さを良く表現した作品である。
すっぱい葡萄
資本家のキツネは自分の農場にある葡萄を取ろうとしたが、自分では木に上る事が出来ずにそれを食べる事が出来なかった、という話。奴隷(おそらく木登りの得意なサルか何かだろう)がいなければ何もすることができない愚かしい資本家の姿を皮肉った作品。また、作中のキツネのセリフ「べ、別にあんな酸っぱい葡萄なんて食べたくないんだからっ!」は、世界最古のツンデレと言われている。
アリとキリギリス
資本家キリギリスはアリから搾取した食物によって悠々自適な生活を送っていたが、ある日突然の寒波が襲ってきて道路が寸断され、食物の輸送が出来なくなった。アリは日ごろから蓄えていた食料によって生き延びたが、キリギリスは死亡した。アリに代表される労働者がいかに偉大な存在であるかを記す大作である。
犬と肉
資本家である犬が、肉をくわえて橋を渡っていた。水面に映る自分の姿を奴隷と勘違いした犬は、「やい、その肉も俺によこせ」と言おうとして、加えていた肉を川に落としてしまった。十分な財があるにもかかわらず他人から財を奪おうとする資本家の欲深さを良く表現した作品である。
きれいなジャイアン
金の斧
悪徳資本家ジャイアンがとある泉に飛び込んだところ、きれいなジャイアンになったという話。悪は遅かれ早かれ排除されるということを表している。
卑怯なコウモリ
獣と鳥との戦争の最中、そのどちらにも戦力を提供した武器商人コウモリの話(コウモリは超音波による情報収集に長けていたため獣・鳥の双方から重宝された)。戦争を使って金儲けをしようとする資本家の浅はかな考えを凶弾している。
この項目「イソップ寓話」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)