イタチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

イタチとは、にあこがれて身体を長く伸ばしたハムスターである。

概要[編集]

人間に飼われるようになったハムスターはそこそこ安定した生活を送っていたが、一部のものが脱走し、自分で掘った長い穴を住処としてネズミバッタを捕食しているうちに身体の構造が大きく変わった。主な変化は

  1. 身体が長くなり、穴の中では無敵になった
  2. ネズミと同じ形だった歯が鋭くなり、より快適な肉食ライフを楽しめるようになった
  3. 毒ガスを体内に蓄積して緊急時に発射する

等である。特に毒ガスの威力は凄まじく、嗅覚を持っているあらゆる敵を撃退できる。ニワトリが大好物で、本人はいくらでも食べられると言い張っているが、大抵は1羽で満足してしまう。鶏小屋を見つけては忍び込み、食べきれないのに全員調理する。

主な種類[編集]

上記の通り。
ハムスター時代と違って外見が完全に肉食動物になったので、「今度こそ肉の餌を貰える」と考えた一部のイタチが再び人間に媚を売り家庭に入り込んだもので、普通のイタチとの違いはほとんど無い。
毒ガス能力に特化したイタチで、その威力はライオンをも悶絶させる。
ひょんな事から口にしたの味が気に入り、手足に水かきを装備して川で暮らしているイタチ。魚が美味いのを仲間に知られまいと誤魔化し続けていたので「川の嘘つき」の意でカワウソと呼ばれている。
海で人間も大好きなばかりを貪っている害獣。モグラ並に燃費が悪いのでそれはもう大量に食べまくる。非常に残虐な性格で、石を使って獲物を撲殺する。
防御力を追求しつつも高い攻撃力を誇るイタチ科のNo.2。分厚い毛皮はの針を通さず、5匹に一斉に襲われても余裕で反撃できるほどの強度を誇る。
イタチ科最強。自らを鍛えるため雪山で自身より遥かに巨大なトナカイを捕食して暮らしている。凍りついた死体を噛み砕く強靭な顎を持ち、毛皮はどんなに強烈なブリザードが吹き付けても凍らない。イタチにしては身体がゴツいが、それはこれからクマに進化しようとしているからである。

関連項目[編集]