イメージクラブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イメージクラブ」の項目を執筆しています。

イメージクラブとは、VR工学を駆使した性風俗の一種。

概要[編集]

性風俗の世界では、とにかく「顧客のニーズに応える」事が最優先されてきた歴史がある。巨乳属性から細分化したフェチズムに対応する母乳風俗や、女性器フェチズムを深化させたケチャマン専門風俗やクンニ専門店など、その例は枚挙に暇がない。しかし、人間の思考と行動は完全に同期させることが出来ないため、その需要と供給には常にラグが付きまとう。

それを解決するために、思考の原型である脳波を観測しフィードバックさせるという技術が編み出された。これにより、顧客は脳内だけで常に最大限の欲求を満たす事が可能になるのである。しかし脳に直接作用させるという事もあって実用化の道は険しく、近年までは「SFの産物」とされる事が殆どであった[1]が技術革新により一気に実用化が進み現在では様々な場所でこのイメージフィードバックという娯楽が楽しめるようになった。そうした施術を専門とするサービス店舗を指してイメージクラブと呼ぶのである。

イメージの例[編集]

性倫理観が改変され、薄着が推奨される世界を体験中。

まず多く使われるのは「反社会的、犯罪的イメージ」である。痴漢レイプなど、現実で人間女性に対して行うと罪になる行為をイメージの中で安全に行う事で反社会的な欲求を秘密裏に満たそうというもので、いわば社会生活のガス抜きとも言えるだろう[要出典]。また常識改変や巨大ハーレム建設、世界制服など個々人の能力を大きく越えるような大々的な改革を行うものも多い。こちらはふたなり化や爆根化、造精強化[2]などで性的能力を補うイメージと併用されるケースが主流になっている。

変身願望の派生として性転換イメージも流行し、イメージクラブで楽しんだ異性の感覚が忘れられず現実でも性転換してしまう場合も希にある。ただし現実の性転換は一度行うと戻せない為、慎重に行う必要がある。同じように首交換や四肢切断など、現実で行うと大きなリスクを負う願望はイメージクラブだけで済ませておくべきだろう。

脚注[編集]

  1. ^ スペースコブラでも、トリップムービーという名前で登場する。
  2. ^ 一回の射精で数リットルの精液を放てるようになる。

関連項目[編集]