イメージビデオ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イメージビデオ」の項目を執筆しています。

イメージビデオとは、メディア規制をすり抜ける手段として作成されたアダルトコンテンツの一形態である。

概要[編集]

所謂アダルトビデオに関する規制は年を追う毎に強化されており、また一部フェミニズム団体の「男性向けポルノコンテンツは性的暴力[1]」という言い掛かり[要出典]もあって業界団体による「自主規制」も厳しくなりつつある。こういった「反道徳=絶対悪」という思考は中世暗黒時代のヨーロッパ圏で流行した魔女狩り思想と変わらないものであり、道徳を盾にして思想心情の自由を奪う誠に悪質なものと言える。

そういった規制を切り抜けようとして生まれたのが、イメージビデオという新しいスタイルのアダルトコンテンツである。

イメージ戦略[編集]

イメージビデオのイメージ

イメージビデオは規制の範疇で性的なクオリティを保つべく、脳内補完を重視する構成になっている事が多い。裸体ではなく薄手の水着を着せたままプレイを行ったり、精液の代わりにローションまみれにしてみたり、「全年齢向けだが、解釈次第では性的」という雰囲気を醸し出すのが恒例になっている。その為基本的に本番は無く男優も出ないことが多い。水着のJCJKがくんずほぐれつしたり電マで刺激しあったりするシーンがメインとなる。尚本番有りの「アダルトイメージ」というものもあるが、シェアとしては極少数派[2]

またイメージビデオは分類上アダルトビデオではない為、アダルトビデオとしての規制そのものに囚われにくいという特徴もある。例えばアダルトビデオの場合児童ポルノ禁止法などの兼ね合いもあって、主演は勿論通りすがりのエキストラに至るまで18歳未満の人間は出演出来ないが、イメージビデオでは8歳9歳でも主役に据えることが可能[3]ロリコン歓喜である。

脚注[編集]

  1. ^ あくまで男性向けのみで、女性向けには言及していない。
  2. ^ ただし、落ち目の芸能人が話題作りに出演するイメージビデオは大抵これ。アダルトビデオほど過激ではないが炎上ネタになるため、不祥事後の選択肢として人気が高い。
  3. ^ 主演女優は「ジュニアアイドル」と呼ばれる事が多い。そのままAV堕ちする場合もある。

関連項目[編集]