イリーガリウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
イリーガリウム(Ilegalium)
一般特性
名称, 記号, 番号 イリーガリウム, Il, 66
分類 気体
族, 周期 10, 6
密度 不明 g/cm3
不明
原子特性
原子量 不明 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

イリーガリウムとは、ネオ元素の一種である。

概要[編集]

イリーガリウムとは、Ilegal、つまり「違法」という英語から名づけられたネオ元素である。この元素は1961年にロンドンで生まれたとされている。これがリバティーシティではじめて確認されたのは1997年である。また、バイスシティでも1984年に、サンアンドレアスでも1992年に確認された。

摂取方法[編集]

イリーガリウムを摂取する一番手っ取り早い方法は、犯罪を犯すことである。窃盗殺人パトカーへの衝突など、犯罪を起こせば摂取することができる。また、最近のリバティーシティでは、犯罪を犯したときに市民が警察に通報してくれるので、摂取しやすくなっている(?)。

摂取時の影響[編集]

イリーガリウムを摂取した際の影響は、体内にあるイリーガリウムの量で決まる。

1molを摂取した場合[編集]

1molだけ摂取したい場合は、警察の目の前でを盗んだりすればよい。この時、近くにいるパトカーが追ってくるものの、何故か本気では追ってこないし、少し逃げただけで摂取したイリーガリウムは消滅してしまう。つまり、警察は追ってくるものの、手抜きをしている、ということである。ただ、警官たちは警棒を使って暴力を振るってくるので、注意が必要である。

2molを摂取した場合[編集]

2mol摂取すると、警察は少し本気になり始める。どこかからパトカーが来て、複数台で追ってくる上に、警官たちが発砲をし始め、摂取した人間を死に陥れようとする。

3molを摂取した場合[編集]

ここまで来ると、警察はかなり本気になっており、ロードブロックによる足止めや、ヘリコプターからの攻撃を仕掛けてきて、摂取した人間を殺そうと必死になる。また、バイスシティでは、覆面パトカーが現れる。

4molを摂取した場合[編集]

ここまで来ると、警察だけでは対処できなくなったためか、SWAT部隊が摂取した人間を殺しに現れる。また、サンアンドレアスでは、摂取した人間がヘリコプターや飛行機に乗っているときに戦闘機乗りが打ち落としにやってくる。

5molを摂取した場合[編集]

イリーガリウムを摂取し続け、この量に達すると、FBIが殺しに現れる。これより少ない量でもそうだが、警官や隊員は何故かドライブバイ(車内から銃を撃つこと)ができない。これも警察の手抜きなのである。

6molを摂取した場合[編集]

FBIでも対処できないこの量に達すると、ついに軍隊が出動する。軍隊は戦車を出してくるが、何故か主砲は撃ってくれない。主砲を撃って早く殺せばいいじゃんと思う人もいるかもしれないが、軍隊までもが手抜きをしているのである。


このイリーガリウムは、たとえ警察が目の前で見ていたとしても、塗装屋に入ってしまえば何故か消滅してしまう(最近のリバティーシティでは警察が目の前にいると消滅しない)が、完全に消滅する前に犯罪を起こすと、もう一度塗装屋に入らないと消滅しなくなる。 尚、最近のリバティーシティでは、警察が手抜きをやめたせいか、警官たちがドライブバイをするようになった。また、SWATやFBI、軍隊は存在しておらず、代わりにFIB(FBIの表記ミスパロディ)やN.O.O.S.E(SWATのパクリパロディ)がイリーガリウムを摂取した人間の殺害を担当するようになった。

注意点[編集]

この記事を読んでいる人に大事な注意点がある。それは、絶対に現実世界では摂取してはいけないということである。また、あっちの世界でも、摂取する際は死ぬことと逮捕されることを覚悟の上で摂取する必要がある。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
イリーガリウムの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)