インターネット監視検査委員会 (秘密結社)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「インターネット監視検査委員会の話題はやめておきなさい、委員会が観ているわ」
インターネット監視検査委員会 (秘密結社) について、22歳OL(アラバマ州)

インターネット監視検査委員会(いんたーねっとかんしけんさいいんかい、Internet Surveillance Commission)とは、インターネット上の情報を監視し、その検査を行う委員会である。

概要[編集]

インターネット監視検査委員会は、複合組織SRCによって結成された委員会であり、その目的は「神から与えられた秩序」を守るためにインターネット上の情報を監視し、その内容の検査を行うことにある。しばしばインターネット監視検査委員会がSRCと同一のものであるように語られるが、SRCはフリーメイソンの流れを汲むSilent Recluse Club(沈黙する隠者の会)の略称であり、同委員会はSRCが結成した非公開の委員会である。

ユダヤ社会ではその存在がまことしやかに囁かれていたが、インターネットはおろか、あらゆる文献においても情報を得ることはできなかった。これは一般の企業とは異なり、組織の秘密を守るための掟、通称情報保護法を敷き情報の流出を防いでいるためである。最近までその存在は謎とされていたが、2007年8月22日にアラバマ州に住む22歳の女性によって、インターネット上の掲示板へ警告が出され世に知られることになる。そのため、現在その存在を知らないのは自宅の警備を請け負っている者だけであるという。

活動内容[編集]

カムフラージュのため一般組織に偽装して活動することもある

委員会の主な活動は、「神から与えられた秩序」を脅かす可能性のあるインターネット上の情報を監視し、その内容を検査することである。問題のある情報については直接的な行動によって抹消されると言われているが現在その活動については未確認である。

監視[編集]

委員会の情報収集員、各地に常駐する諜報員らの手により、インターネット上の情報が監視される。問題があると思われる情報についてはログが記録され、発信者や情報の内容などによりデータベース化され証拠として扱われる。諜報員から委員会にデータが送られる際は、暗号化されたメールを利用して行われている。

検査[編集]

問題がある情報が発見された場合は独自の情報ネットワークを用い、データログ、IPアドレス、サーバの情報を元に発信者を特定し、諜報員が自宅に赴き事情聴取と記憶の操作を行う。また、本人からの情報が不十分だった場合は親や親類、交友関係にも聴取の手が伸びることもある。

謎の女性[編集]

掲示板に警告を出した女性の正体は不明だが、その警告の約50分後にGoogleでキャッチされるなど、その行動から委員会の人間ではないと思われるが、その女性と同一であると思われる発信元から、「パラグアイから帰国した人物」を名乗りSRCに関する情報が流され、情報が錯綜している。女性は全くの別人であるとの主張しており、委員会による情報操作が行われているのではないかという説もあげられている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「インターネット監視検査委員会 (秘密結社)」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。