インデント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「インデント」の項目を執筆しています。

インデントとは、文章の前に1バイト分のスペースを挿入する行為を指す。

概要[編集]

まずはコメントで埋め尽くされたトークページ、又はノートを想像して欲しい。見にくいだろう。
そりゃあそうだ、同じようなコメントがズラズラ並んでいるのだから。
インデントを使うとどうだろう。
どのコメントをどの利用者が書き込んだのかが一目でわかる。
なおインデントは通常記事空間に存在する項目には使われない場合が多い(使われる場合は;と共に用いられる)

使い方[編集]

文章の前に「:」を追加するだけ。
そうする事で文章の前に空白があき、見やすいコメントになる。
2マス分空けたい場合は「::」と入れ、3マス分空けたい場合は「:::」と挿入すればいい。

欠点[編集]

インデントは適度に使えば文章を見やすくする事が出来るが、使いすぎは逆に文章を見にくくする。
インデントが10個も20個も連なっていれば、流石にうざくて読むのを止めたくなる。
更に、インデントが余りにも続いていると、ページの枠から文章がはみ出して大変醜い見にくいってレベルじゃない)文章になってしまう。
そこで用いられるのが、「インデント戻し」である。詳細と使用法は後述する。

インデント戻し[編集]

インデントが余りにも続いている場合、そしてそれが原因で文章が醜くなっている場合(見にくいってレベルじゃない、ちなみに大事なことなので2回言いました)、
インデント戻しを行う必要がある。
インデント戻しの方法はとても簡単。「:」を文章の初めに付けなければいいだけ。
ただ、余りにも唐突にインデント戻しを行うと「空気嫁」という目で見られる可能性が高いので、その様な場合は文章の前に(インデント戻し)とでも断りを入れておこう。
だからと言って頻繁にインデント戻しを行うとやっぱり「空k(ry」となるので気を付けるべし。

関連項目[編集]