イーブイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イーブイ」の項目を執筆しています。
ポケモンWikiへようこそ♪
ポケットモンスター依存症患者のため、ポケモンWiki廃人たちが孵化作業の片手間に「イーブイ」の項目を執筆してくれています。

イーブイ(Eevee)とは、遺伝子が不安定なため、身体を維持することすら大変なポケモンである。

概要[編集]

イーブイといえば8種類のポケモンに進化することで有名なポケモンであるが、あまりに簡単に進化してしまうため逆にイーブイとしての身体を維持するのは大変である。まず、ブースターシャワーズサンダースの3匹は特定の石がなければ進化しないと思われがちだが、これらの石は炎や水、雷の力を吸収したものであり、遺伝子の不安定なイーブイでは暖炉にあたっていただけでブースターに、水浴びをしただけでシャワーズに、雷が鳴る日に外を歩いていただけでサンダースになってしまったという報告がある。つまり、どんなに寒くても火に近づいてはならず、夏の暑い日にも水を浴びてはならず(濡れたタオルで拭くのは可)、雷が鳴り出したらすぐに洞穴や家の軒下などに避難しなければならない。さらに、昼間に体を動かしすぎるとエーフィに、逆に夜ばかり活動しているとブラッキーに進化してしまう。そのため、常に時間を調節しながら夜にも昼間にも適度に活動しなければならない。つまり日によって睡眠をとる時間帯を昼間と夜に割り振って、バランスが取れるようにすべて計算の上で生活しなければならないということである。また凍ったものに近づきすぎるとグレイシアに、苔むした岩に近づきすぎるとリーフィアになってしまう。なので寒い日には極力出歩かず、軒先のつららなどには特に注意して、また山野を歩くときは苔の生えた岩がないか目を光らせながら歩かなければならない。たった一度でも見逃せば、イーブイとしての身体は二度と戻ってこない。さらに最近発見された現象では、お菓子を食べ過ぎたり頭をなでてもらっただけでニンフィアに進化してしまったという。そのため人に飼われている場合でも、お菓子を食べ過ぎたり、必要以上にトレーナーに頭を触られないように気をつけなければならない。

現状発見されている脅威は以上の通りであるが、他にもイーブイがその姿を変えてしまう要因が、今後発見されないとは言い切れない。イーブイといえば進化系の8種類と比較して非力な印象があるが、このような困難を乗り越えて身体を維持しているイーブイの精神力たるや、進化系の8種類を遥かに凌駕するものであろう。そしてこのような困難があるからこそ、ポケモンの意思にかかわらず、「イーブイのまま育てたい!」というトレーナーが跡を絶たないのもまた事実である。

そして、2018年にはついに、ポケモンのゲームのパッケージを飾ることに成功した。このイーブイは「ヒジュツ」と呼ばれし技(過去作の秘伝マシンに相当)を使い、これまでにない一線を画した技を使えるようになったりもした。

関連項目[編集]

イーブイの進化前後
退化:
-
イーブイ 進化:
シャワーズ or
サンダース or
ブースター or
エーフィ or
ブラッキー or
リーフィア or
グレイシア or
ニンフィア