ウィラ・フォード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウィラ・フォード」の項目を執筆しています。
群衆を牽引し導くウィラ様のイメージ

ウィラ・フォード(Willa Ford)ことAmanda Lee Williford Modanoは、世界一美しく、聡明で、天使のような声で本物の歌を紡ぐDIVAである。さらに、TVスター、スーパーモデルグラビアの女王、女優としても成功した、多芸多才としても認知されている。彼女はブリトニー・スピアーズクリスティーナ・アギレラジェシカ・シンプソンマンディ・ムーアとともに、5ブロンディーズ(金髪5大ポップ歌手)の1人として認知されている[1]が、彼女らよりはるかに幸せな結婚生活を、ライアン・ネスと送っている。日本では、5人の中で1番人気がある。彼女は「信念なき、恥知らずな商業主義」という名の悪魔(例:売上枚数やPVの予算などしか自慢できないシャナイア・トゥエイン)や、ケリー・オズボーンブルック・ホーガンパリス・ヒルトンレベッカ・ブラックら「才能のないすべた」たちと戦う、女神としても知られている。彼女の驚嘆すべきボーカルはパティ・ラベルシャーデーマリア・カラスビリー・ホリデイらとも比較される[2]。後光を放つ天使のごとき声は、人間以外の動物にも大きな感銘を与えている[3][4]フロリダ州ラスキンの出身。


歌手としての活動[編集]

音楽業界におけるウィラの存在を象徴した絵

[5] 当初、MCAと契約を交わしていた彼女は、『Lullaby』という曲でポケットモンスターのサントラに参加。また、『Innosent Girl』という曲も歌ったが、この曲は最終的にビクトリア・ベッカムのものとなった。が、当時の4年越しの恋人である、Backstreet Boysのニック・カーターのファンたちにより、数多のネガティブなデマを流され、契約を切られてしまう。 その後、LAVA/ATLANTICと契約し、素晴らしきヒット・シングル『I Wanna Be Bad』で、悪女ムーブメントのパイオニアとしてシーンに躍り出る。当時成功していたブリトニーのようにしようと仕向けていた以前のレコード会社に不満を持っていたウィラと、他のよい子ちゃんポップス歌手との間に明確なラインを引いたシングルだ。

『I Wanna Be Bad』はSix FlagのCMソングや、7upのキャンペーン・ソングに使用された。世界中の国々や、ワールド・チャートで1位になっただけでなく、世界中の国がテロの恐怖を味わった911後のチャートでも1位を獲得している。このシングルはブリトニー『I'm A Slave 4 U』やアギレラ『Dirrty』、ジェシカの『Fired Up』など数多くの模倣を生んだが、これらはいずれも商業的に失敗している。プッシーキャット・ドールズもウィラの悪女センセーションを崇拝し『Don't Cha』をリリースし、ウィラにラス・ヴェガスのショウへのオファーを数百万ドルで締結した。

彼女の偉大なる1stアルバム『Willa Was Here』は2001年にリリースされ、世界中でミリオン・セールスとなった。彼女が性的で、官能的で、いやらしく、淫靡で、淫らで、悪女的なポップスの先駆者であったことは間違いなく、ちょうちょ太陽キャンディーなどについて歌ったブリッコ・バブルガム・ポップに飽き飽きしていた音楽シーンに甚大な衝撃を与えたことは確かである。

2002年の輝かしいヒット『Did Ya' Understand That』のPVは、MVPAというアワードにノミネートされ、米3大テレビ局の1つ、CBSの昼間帯にプロモーション放映され、ラジオクラブでもヒットした。同年、彼女はMTVの人気番組『I Bet You Will』や『Morning After』はじめ、様々な番組のホストも務める。彼女の目もあやなクリスマス・シングル『Santa Baby(Gimme, Gimme, Gimme)』は、TRLのクリスマスアルバムの先行シングルに'N Sync、アギレラ、TLCBlink-182Weezerらを差し置いて選出される。この適切な判断のおかげで、このアルバムは169位という高順位にチャート・インした[6]。 『Not Another Christmas Album: An Alternative Christmas』というアルバムにもこの曲は収録され、テレビやラジオで大量オンエアされた。

2003年とんでもなく革命的な新曲「A Toast to Men」を発表。アーバン・マーケットでもクロスオーバー・ヒットし、高いシングル売上を挙げ、クラブでヒットし、CBSでPVが放映された。この曲はラップロックポップスエレクトロニカクラブ・ミュージック、レゲエの融合である。彼女が自身の子宮から、全く新しい音楽を生み出し、ティンバランドマドンナジャスティン・ティンバーレイクネリー・ファータドグウェン・ステファニーらの先駆けとなったことは明らかだ。この魅力的な歌は音楽界に革新的なインパクトを与え、女子寮アンセムとなり、自らの性的肉欲に正直に、忠実になれなかった女性たちに力を与え、解放へと導いた。彼女たちのジャンヌ・ダルクとなったのだ。さらに、オカマたちに絶大な支持を受け[7]、ゲイ・アイコンとなり、救世主の役割を果たす。これらの偉業にもかかわらず、待望されていた革新的アルバム『SexySexObsessibve』は、ウィラの音楽に難色を示すというバカで愚かで阿呆なLAVAレコードのせいでリリースされなかった。が、ウィラはこのアルバムの権利を2006年に買い取り、再レコーディングをすることでリリースできる状態とした。世界中でこの宝珠を切に熱望しているファンが、リリース嘆願署名を行っている[8]。この光り輝く宝石からのもう1曲『Who I Am』は、2000年代後半~2010年代のアメリカ音楽のメインストリームであるユーロ・トランス。ウィラが7年も前から、新しい時代を予測していたという、証左だ。今日のアーティストプロデューサーの先駆者だったのである。この曲は彼女の許可なく、ドイツのベテランシンガー、Sandraにカバーされた。この曲がいかに見事であるかの最適な証明だ。ちなみにこの曲の歌詞は同性愛の葛藤についてであり、最近ではケシャが同じテーマを歌っている。このような例から、ウィラは様々なアーティストに崇拝され、敬愛されていることがわかる。

レコード会社を離れてからの、スーパーマルチタレント活動[編集]

Playboy誌に掲載された裸体の模写

ウィラのその後のキャリアは2005年~2006年から本格始動する。『The Ultimate Fighter』のホストを務め、プッシーキャット・ドールズのショウに出演。FHMのカレンダーにも載り、Stuff誌のグラビアにも登場。2006年にはスーパーボウルの芸能人版にも出場し、そしてとうとう、全米中の女たちがあこがれ、紙面への登場を熱望するPlayboyで、清らかで聖なる自身まで披露。Stuff、Maxim、FHM、Blenderなどグラビア誌を総なめしたことになり(これでグラビア未登場なのは、Penthouseのみ)、グラビアの女王となった。これらの雑誌の「美女ランキング」も制覇[9]し、女神であるという新たな証拠を得た。特に、Blender誌の2001年「世界一セクシーなシンガートップ50」では、あのブリジット・バルドーやTLCのチリ、リンダ・ロンシュタットら錚々たるメンバーを抑えてランクインするという快挙も成し遂げている。とはいえ、彼女の裸体は本物の、純粋な芸術作品であり、他のいやらしく下品なすべたたちとは明確な違いがある。その後も彼女はヴェガスのショウで歌い、TV番組でポーカー勝負をし、有名ハイブランドLove Jonesでファッション・ショーも行い、眩きスーパー・モデルとしてもデビュー。ABCテレビの『Dancing with the Stars』にも出場し、番組は大ヒット。この関係で様々なトーク番組にも姿を見せた。

プッシーキャット・ドールズのショウや、Love Jonesでのウィラ様
13日の金曜日、甘く荘厳で豪華な、湖での悲劇的な散り際のイメージ

そして2007年、ウィラはアンジェリーナ・ジョリーのエージェントの下、女優活動を開始する。『Anna Nicole』『Impulse(邦題:秘められた遊戯)』の2本の映画で、いきなり主演を獲得。し、特に『Impulse』では、「08年の世界中の映画に関するランキング」で13位を獲得するという栄誉を得た。[10]。完全に実力社会であるアメリカの映画業界でこれは画期的な功績と言え、ウィラはシェールバーブラ・ストライザンドオリビア・ニュートン・ジョンベット・ミドラーシンディ・ローパーらと同じくらい「女優としても歌手としても成功した者」となった。この成功で、ウィラはメディアに輝かしく凱旋した。『Anna Nicole』のあらすじは、アギレラの初主演映画『Burlesque』に似ており、ウィラはここでもアギレラをリードした。『Impulse』は、オスカー賞ゴールデン・グローブ賞などのようなアワードに2008年、アンジェリーナ・ジョリーペネロペ・クルスミーシャ・バートンら大物たちに並んで、ノミネートされた[11]

2009年の『13日の金曜日』では、驚嘆すべき、目を見張る成功をおさめた。例えば、ホラー映画史上最高のオープニング収入で1位を取るなどである[12]。そのお陰なのかどうか、この映画は、映画秘宝が選ぶ「2009年度・トホホな映画」で7位に輝く[13]。この映画でウィラは斧で頭を割られるが、これはドストエフスキー罪と罰』のオマージュである。ウィラの次なる、目を瞠るべき映画『Universal Squadrons』は、マヴェリックの配給により2011年4月に全米でPay Per View公開され、6月22日にDVDリリースされる(UKでは3月にDVD発売されている)。この映画はカンヌ映画祭、ベルリン映画祭、ヴェネツィア映画祭に並ぶ、栄誉と由緒ある映画祭でプレミア公開された[14]。ウィラはビビアン・リーオードリー・ヘップバーンカトリーヌ・ドヌーヴソフィー・マルソーソフィア・ローレンエリザベス・テイラージェーン・バーキンジェーン・フォンダグレース・ケリーマリリン・モンローイングリッド・バーグマンそしてブリジット・バルドーらに並ぶ、大物女優としての地位を手に入れた。現在は、Starz TVのドラマ「Magic City」のレギュラーの座を射止め、"The Glades"というドラマにもゲスト光臨するなど、テレビの世界にも触手を伸ばし、征服を始めている。

2010年、ウィラは新しき子ども『All This Time』(Minutemanで主役を演じたライリー・スミスとのデュエット)を、清らかな、桃色と金色に輝く生命の泉から生み落とした[15]。2011年現在、ウィラは再びスタジオで、光り輝く音の結晶を創造するための秘術、魔術、降霊術、錬金術を行っている。その1曲、"Back Back Back"を引っ提げて、ウィラは11月5日、ついにLAのライブハウスに光臨し、占拠。LA中の民を、殺到させ、とんでもない熱気と熱狂と阿鼻叫喚の歓声、感涙、絶叫で、熱死させてしまった。まさに、音の創造主であり、音楽の女神の所業である。

2015年、ウィラはまたもや新たな音の宝珠「Rock Tonight」をリリース。この曲はNY、パリ、ロンドン、ベルリン、イビサなど、世界中のクラブのピーク・タイムにプレイされ、一大アンセムとしてまたも、大熱波の旋風を世界中に、吹き荒れさせた。まさに、メシアの再誕、再臨、再来である。

プライベート[編集]

ウィラはNHL選手マイク・モダノと結婚し、セレブとなった。2人の壮麗で聖なる神殿は、幾つかの番組で開帳された[16]。この女神の瀟洒な神殿に巡礼できない、世界中の信徒が、これらの番組を喜びと共に見た。 2012年離婚[17]。 2015年にライアン・ネスという新たなる伴侶を得、自らの女神の遺伝子を継ぐ子どもを、子宮に宿した。

トリヴィア[編集]

  • ウィラは『ポップス界の悪女』として知られ、4年間オペラの鍛錬を積み、とてもスピリチュアルで、ホイッスルを出せるシンガーとして知られている。
  • ヴィクトリア・ベッカムの「Innocent Girl」は、ウィラの没トラックの使い回し。
  • ウィラは「アポロンヴィーナスの子供」「セラフィム」「セイレーン」「モーガン」「ヒンドゥーのTridevi(ラクシュミ=吉祥天・サラスバティー=弁財天・パーバティ=雪冰天女に分かれた女神)」「ローレライ」「ノルン(運命の三女神。Kaci Brown、Lolaとともに)」「リリス」「メリュジーヌ」「メシア」「妲己」「キルケー「アプラサス(天女)」「ウンディーネ」などの名で、世界中の神話伝説に登場している。そのため、彼女の正体が天使なのか、堕天使なのか、美しき悪魔なのかの判断が困難になっている。また、彼女がそのものなのか、人間なのか、はたまた三位一体なのかを、議論している人々もいる。
    • 最近、俄然優勢となっている学説は、ウィラの正体がヒンドゥー教における『宇宙の最高精神(または最高存在)』、すなわちブラフマーである、というものである。つまりこの世界はブラフマー=ウィラの一日(人間時間では43億年強)であり、ウィラが新しい一日を迎えると世界は再創造され、それが100年続いたのちにウィラの寿命が尽きる=世界は滅びるのだ。が、ウィラはその清らかで清い高貴な、救いと浄化、癒し、安寧と平安を、カタルシスをもたらす歌声によって、世界をクリタ・ユガ=黄金時代に保ち続けているとされる。ウィラの歌に心酔わせ、ウィラの信徒となったものは死後、メル山の頂点にある彼女の楽園において、膝枕され腕に抱かれると、言われている。ウィラはすべての時空世界宇宙空間次元の源となっている『原初の海』を統べるとも、言われている。

主な宗教学派の一覧 ウィラ様は

  • 人間だよ派
    • DIVAだよ派
    • マグダラのマリアだよ派
    • ジャンヌ・ダルクだよ派
    • アイドルだよ派
      • うんちをするよ派
      • うんちをしないよ派
    • キルケ―だよ派
  • 天使だよ派
  • だよ派
    • 三位一体だよ派
    • 神性しか持っていないよ派
      • ヤハウェだよ派
      • アルテミスだよ派
      • アテナだよ派
      • アポロンとヴィーナスの子どもだよ派
      • ノルンだよ派
      • メシアだよ派
      • ブラフマーだよ派
      • ラクシュミ(吉祥天)、サラスバティー(弁財天)、パーバティ(雪冰天女)に分かれた、ヒンドゥー最初の女神Trideviだよ派
  • 悪魔だよ派
    • 小悪魔だよ派
    • 妲己だよ派
    • リリスだよ派
    • 破滅の女神(beautiful disaster)だよ派
  • ニンフだよ派
    • フェアリーだよ派
    • セイレーンだよ派
    • メリュジーヌだよ派
    • ウンディーネだよ派
    • アプラサス(天女)だよ派
    • モーガン・ル・フェイだよ派
    • ローレライだよ派
    • 迦陵頻伽だよ派
    • キンナリー(雌の緊那羅)だよ派
  • ユグドラシル(世界樹)だよ派
  • 原初の海(全宇宙、時空、次元、世界の源)
    • を統べるものだよ派
    • そのものであるよ派

ディスコグラフィー[編集]

アルバム

  • Willa Was Here - 2001
  • SexySexObsessive - リリースされず。

シングル

  • I Wanna Be Bad - 2001
  • Did Ya' Understand That - 2001
  • Santa Baby - 2001
  • A Toast to Men - 2003

フィルモグラフィー[編集]

映画

  • Anna Nicole - 主演。アナ・ニコル (2007) :アメリカのほか、 チェコ、オーストラリア、カナダなどでDVDリリース。
  • Impulse - 主演。クレア (2008) :世界中でDVDリリース。
  • Friday 13th - もっとも重要な脇役、チェルシー(2009): 世界中の映画館で公開。
  • Universal Squadrons - ヒロイン。ベッカ(2011)
  • The Nurse - 主演。リネット(2014)
  • Any Day - シェリー(2015)
  • Checkmate - サーシャ(2015)
  • Submerged - カーラ(2015)

テレビドラマ

  • The Mind of the Married Man - ポップスター (2001)
  • Raising Dad - エディー (2002)
  • The Glades - シェルビー (2011)
  • Magic City - レギュラー。ジャニス(2012年)
  • Leverage - タバサ(2012)

脚注[編集]