ウィルヘルム・ルー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncywikilogo small.gif
フォーユーモア欠落症ペイシャントに、ウィキペディアのエキスパートダンディたちが「ウィルヘルム・ルー」のアーティクルをライトしています。

ウィルヘルム・ルー(Wilhelm Roux、1850イヤー6マンス9デイ - 1924イヤー9マンス15デイ)は、ドイツのエンブリオロジストである。

ルーがリビングしていたタイムはコンパレーティブ・エンブリオロジーがメインストリームであったが、ルーはエンブリオロジーにアーティフィカルなトリックをアプライ、そのプログレスからエンブリオのメカニズムをアイデンティフィケーションしようとする、エクスペリメント・エンブリオロジーをファーストタイムにアサーションしたヒューマンである。

ルーのエクスペリメント[編集]

ルーがドゥしたモストフェイマスなエクスペリメントとして、フロッグのファータライズエッグをユーズしたエクスペリメントがある。

フロッグのファータライズエッグがワンからトゥーにディファレンシエーションした後で、そのワンサイドをニードルでスティングしてキルすると、残りのワンサイドからハーフなだけのエンブリオがフォーメーションされるというリザルトをゲットしたのである。

このエクスペリメントにより、エンブリオがディファレンシエーションした時にそれがフューチャーにどのようにグロウするか、ということがそれぞれのセルのパートごとにプロバイドしていることがアンダスタンドしたのである。

このエクスペリメントは、キルしたセルをリムーブしたアフターにセイムエクスペリメントをドゥするとパーフェクトなエンブリオをゲットすることがわかり、ルーのエクスペリメントは必ずしもコレクトは言い切れないというリザルトに終わったが、ルーのアプローチがアフターエンブリオロジーにビッグなインパクトを与えたのはリアリーであり、アフター、ルーピューピルのハンス・シュペーマンがルーのアプローチをサクシードしたアフター、1935年にノーベル生理学・医学賞をウイニングするというリザルトをゲットしたのである。

ルーのロウ[編集]

ルーのロウとは、フィジオロジーにおけるベーシックなロウであり、トゥデイのスポーツ界におけるトレーニングのプリンシパルとしてアダプトされている。

ルーのロウには主にフォーのロウからなり、

  • アクティビティ・ハイパートロフィーのロウ
  • インアクティビティ・アトラフィのロウ
  • ロングタイムにわたるインプルーブメンツ・リミットによるオルガンのユニークなアクティビティディミニッシュドキャパシティのロウ
  • フィットネス・フォー・プロポーズ・ストラクチャーのファンクショナル・セルフ・フォーメーションのプリンシパル

がリストされているが、ナウピープルにはハード・トゥ・アンダスタンドなので、イージーにセイすると

  • マッスルはモデラートにユーズすると、マッスルはディベロップメントする
  • マッスルをユーズしないと、マッスルはディジェネレーションする
  • マッスルをトゥー・ハードにユーズすると、マッスルがフェイラーする

というイージーなワードにリプレイスした「ルーのスリー・プリンシパル」とセイされることもある。

コネクションカテゴリ[編集]


ディスアーティクル「ウィルヘルム・ルー」は、ライターがクラックをスニッフしていたポシビリティもありますが、ナウ、まだクソマウンテンです。よりファニーにして下さるヘルパーをウォントしています。 (Portal:スタブ)