ウインナー・コーヒー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ウインナーコーヒー

ウインナーコーヒーとは、コーヒーにウインナーソーセージを入れた飲み物である。

概要[編集]

19世紀初頭に、ウィーンの実業家であった、フリードリヒ・シュナイダーによって考案された。

シュナイダーは考案当時、幾つもの事業に追われ、昼食の時間すら確保できないほど多忙であった。彼は忙しい中で昼食を取る方法を模索し、ウインナーをコーヒーに入れるという方法を思いついた。実際にそれを試してみるとコーヒーの苦味がウインナーの風味を引き立てて、絶妙なコンビネーションを生み出した。彼は友人達にそれを伝えると、急速にレシピが広まり、ウインナーコーヒーという定番メニューになったのだった。

また、コーヒーはホットコーヒーを用いる場合がほとんどだが、稀にアイスコーヒーを用いる場合もある。

作り方[編集]

  1. コーヒーを用意する。
  2. コーヒーにウインナーを入れる。
  3. 風味が充分に混ざるまで待つ。
  4. コーヒーに浮いたり沈んだりするウインナーを見て風情を感じる。
  5. お好みでミルクや砂糖を加える。

ウインナーコーヒーの種類[編集]

ウインナーコーヒーはコーヒーに入れるウインナーなどによって呼称が変わる。

スモークド・ウインナー・コーヒー
ウインナーをそのままコーヒーに入れるオーソドックスもの。スモークドは入れる直前に燻製するわけではなくベイクドに対して燻製のママであることを意味する。焼いてないため普段のコーヒーよりも少し熱めのお湯でコーヒーを入れるのが良いとされる。
ベイクド・ウインナー・コーヒー
焼いたウインナーをコーヒーに入れるもの。一般的に両面を焦げが付くまで焼く。コーヒーに焦げと調理油の風味が加わり深みが出るのが特徴である。
スカー・ウインナー・コーヒー
ウインナーの表面に切れ目を入れてコーヒーに入れるもの。スカーは傷を意味する。切れ目を入れることによりウインナーの風味がより強く出るのが特徴である。東海地方の喫茶店ではタコウインナーにするのが一般的。
インピュア・ウインナー・コーヒー
ウインナーを肉だけのものではなく混ぜものをしたウインナーをコーヒーに入れるもの。様々な風味が加わるため深い味わいがでるのが特徴である。ただし不純物によって味が濁りすぎるとして邪道扱いされることも多い。
レッド・ウインナー・コーヒー
赤いウインナーを使うもの。コーヒーの黒に対して赤色が鮮やかに映えるのを楽しむ。日本独自のものだったが近年は日本アニメの印象で「アニメウインナーコーヒー」として海外でも名が知られるようになった。
アイス・ウインナー・コーヒー
アイスコーヒーでウインナーコーヒーを楽しむもの。だまになった動物性脂肪が独特の飲み心地を生み出す。なおアイスではウインナーの味が出にくいため2本入れるのが慣例である。

間違ったやり方[編集]

ウインナーコーヒー.jpg

このようなバカもいる。

ホイップクリームを入れるやり方はほとんどが都会である。

スタイルの分類[編集]

ウインナーコーヒーは普通のコーヒーと違いいくつかの作法に分かれる。ただし日本では殆どリムーブスタイルかミンチスタイルしか知られていない。

リムーブスタイル
飲むか食べるときにはウインナーを除去して別々に飲食するスタイル。必要以上の味が混ざらずにコーヒーとウインナーを楽しむことが出来る。ウインナーコーヒーを飲むときは、これが正式なスタイルとされている。
リッチスタイル
リムーブスタイルの発展系で、コーヒーから除いたウインナーを食べない。ウインナーは出汁をとるもので食べるのは下品だと考える人達に愛好されている飲み方。この場合はスカー・ウインナー・コーヒーで少し長めに待つのが正式とされる。
スープスタイル
一度コーヒーからウインナーを取り出すが、それをナイフでスライスしてコーヒーに戻し、スプーンでスープとして味わうスタイル。食前のスープ代わりとして使われることもあり、軽食店では一般的なスタイルである。
スワロースタイル
コーヒーと一緒にウインナーを飲み込むスタイル。ウインナーののど越しを楽しむことが出来るが、格式の高い場所でこの飲み方をすると一発でつまみ出されるので注意が必要である。このスタイルで飲む場合はスモークド・ウインナー・コーヒーであることが決まり。
ミンチスタイル
コーヒーを飲む際にウインナーをスプーンでぐちゃぐちゃに混ぜて飲み込むスタイル。子供やブルーワーカーの飲み方として嫌われるが、コーヒーとウインナーの味が最も良く混じり合うので一部では熱狂的に愛好されている。

類似した飲み物[編集]

アメリカンコーヒー
ウインナーの代わりにアメリカンドッグを入れたコーヒー。アメリカンドッグは厚さ2cm程度の輪切りにし、横向きに浮かべる。または、切り目を入れてカップのふちに刺すのもオシャレである。
モーニングコーヒー
ウインナーの代わりにモーニングサーブを入れたコーヒー。皮がないので肉の味がダイレクトに染み出す。モーニングサーブが高価なため高級品とされる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウインナー・コーヒー」の項目を執筆しています。