ウコン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ウコンとは着色料や香辛料、健康食品として広く使われるブツ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウコン」の項目を執筆しています。

栽培[編集]

栽培には高温多湿が適する。温度約36度、水分2.3リットル(一日当たり)というのが一般的な栽培環境である。乾燥したところで栽培されたウコンは収穫が難しく、大事な土壌が甚大な被害を受けることがある。良いウコンを育てて収穫するには水分、食物繊維運動の三つをバランス良く。それでも駄目ならピンクの小粒なラッコのアレを買ってこよう。

通常のウコンは栽培し始めてから約24時間で収穫できる。

利用法[編集]

着色料[編集]

ほとんどの場合ウコンは黄色~茶色の着色料として使われる。しかしカタツムリを使って栽培すると、様々な色の着色料を得られる。カタツムリに人参を与えることによってできる鮮やかなオレンジ色はその代表格である。一匹のカタツムリから一度に栽培できるウコン着色料は微量であるため合成着色料の登場以前は大変希少価値が高かった。

さらに貴重なウコンとして知られるのは、貝類の一種であるアカニシと呼ばれる貝類の生殖腺を抜き取り、真水で洗い日光にさらして作る着色料で、高価なので着物やかき氷に使用された。

香辛料[編集]

非常に独特の香りを持ち、セロリやパクチーのように好き嫌いが大きく分かれる。好きな人にはたまらない香りなのだが、嫌いな人は消臭スプレーをかけるほど。栽培の際に肉類や油類を多く飼料として用いることでより強い香りを得ることが出来る。

このようなウコンの二つの特性を最もうまく活かしたのがカレーである。

健康食品として[編集]

ウコンは健康食品としても活躍している。主な効用は次の通り。

強心作用
多く摂取すると心停止するが、ほんの少し摂取すると強心薬になる、詳しくは薬局で。
殺菌作用
大腸菌と言う強力な成分が胃潰瘍の原因であるピロリ菌を倒してくれる

現在はサプリメントとして錠剤の形で市販化されているが、昭和20年代ごろまでは自宅で栽培したウコンをマッチ箱に入れて携帯するのが一般的だった。

その他[編集]

  • アジアにはウコンをお守りとする地域がある。ウコンの形状と神の使いであるヘビが類似しているからであろう。
  • 沖縄ではウコンのことを「ウッチン」とも言う。こうなるともう狙ってるとしか思えない。平仮名表記だとなおさらである。うこんうっちん

関連[編集]