ウラシマ効果

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「ウラシマ効果」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ウラシマ効果」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ウラシマ効果」の記事を執筆しています。

ウラシマ効果とは、auCMキャラクター浦島太郎」の(または歌声)に影響され、地声がいわゆるガラガラ声になるという、一種の病気である。

概要[編集]

桐谷健太演じる浦島太郎の声は、とてもハスキーボイスが効いていて、CM視聴者にインパクトを植え付ける。また、auが人気になっていくにつれCMの量も増えることによって、年々患者も増えている。

また、桐谷健太が出している曲『海の声 / 浦島太郎』を聴くとこの病気になる可能性が倍増し、とても危険だと言う。

患者[編集]

ウラシマ効果の患者は多く、書ききれないため、一部を紹介する。

  • 山寺宏一:山寺宏一は高齢であり、発症する可能性が高かった。「ものまねグランプリ」などで発症し、現在も患っている最中である。
  • 松浦航大:松浦航大はまだ若く、20代なのにも関わらず発症。YouTube活動をしており、そこで病気を告白。患いながらも前向きに生活している。
  • 筆者:この記事を編集している自分自身も患者の1人である.『海の声 / 浦島太郎(桐谷健太)』をよく聞いているせいか、発症。まだ軽症である。

真の目的[編集]

前述の通り、この病気は患者が多く、治療薬を見つかっていない。そのため、これは人為的に流行らせた、計画なのではないかと噂されている。

つまり、このCMを作成しているauが、声がガラガラである桐谷健太を使い、この人間界を「桐谷健太ワールド」にしようとしている疑いがあるということだ。

この真偽はわからないが、現在勢いを増しているauのため、可能性はある。

予防[編集]

予防策として、

などがあげられる。

治療[編集]

今現在では治療法は見つかっていないが、症状を軽減する策として、

  • のど飴を1日240錠飲む
  • 毎秒うがいをしている状態にする
  • 首輪を首を締め付ける程度にまく

などがある。