ウルトラマントレギア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ごきげんよう、アンサイクロペディアンの諸君。 私は、ウルトラマントレギア

トレギア.png

突然だが、この記事は私がいただいた。
このアンサイクロペディアはとても素晴らしい世界だ。善も悪も、光も闇も、右も左も、すべてが等しく同じ「記事」という価値しかもっていない。
私はこの世界、そしてその住人である君たちに興味を抱き、遠い宇宙からやってきた。もっと君たちのことを知りたいし、君たちにも私のことをもっと知ってもらいたいと思っている。

さて、呆気にとられてこの記事を見ている諸君、君たちはさぞ暇を持て余しているのだろう?
今の君たちには、二つの選択肢がある。
一つ。ブラウザバックしてこの記事を見なかったことにし、今まで通りの退屈な時間の流れに身を任せること。
これはあまりお勧めしない。人生という限られた時間の無駄遣いに違いないからねぇ。
そしてもう一つ。下に用意した私について知ることのできる文章に、君たちの好奇心の赴くまま目を通してみることだ。ただし、私もこういうのは経験が浅い。君たちの望む愉快な文章になっている保証はない…どうだい?

おっと、答えは聞かなくてもわかっているさ。君の心はすでに闇に魅入られ、記事を読みたくてたまらなくなっているのだから…。






Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「ウルトラマントレギア」周辺は治安が悪化しているため、渡航の是非を検討してください。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ウルトラマントレギア」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ウルトラマントレギア」の記事を執筆しています。
出自

私についてもう少しお話ししよう。 私の、トレギアというこの名は、君たちの住む地球の言葉で「狂気」と「好奇心」を示すのだそうだ。
不名誉なことだと思うが、まあ私の故郷における名前なんてあってないようなものだから、別に大した話ではない。
ともかく、私がもともと何者だったのか、深く知る必要は君たちにはないだろう。わからないことの一つや二つあったほうが、人生は楽しいものさ。


来歴

私は気の赴くまま、様々な宇宙を旅し、幾多の星々で数多の人々を見てきた。
そして思い悩む存在を見つけては、彼らの望むものを与え、彼らの願いをかなえてきたのだよ。
宇宙の悪を駆除する白血球、夢破れた地球人、復讐を目論む亡霊、貧困ゆえ星に帰れない小悪党、などなど…。 残念ながらみんな破滅してしまったがねぇ…。
それが目的じゃないか、って?とんでもない。私は彼らの欲しいものを望むままに与えただけだよ。力が欲しければ力を、夢が欲しければ夢を、破壊を望むなら破壊を、仕事が欲しければ仕事を…。
手にしたものの重さに彼らは耐えられなかった、ただそれだけの話さ。


職業

こんな見てくれだが私にもいくつか仕事があってね。
その一つが指輪職人だ。驚いたかい?
しかもただの指輪じゃない。怪獣たちの力を込めた指輪だ。手にした者が言うには、不思議な魅力があるのだそうだ。私の作品の価値がわかるとは、聡明な者も世の中にいたものだと思うよ。
君たちもぜひ手に入れてくれたまえ。もっとも、手に入れるには怪獣を倒すしかない。返り討ちにあって自分が怪獣たちのアクセサリーにならないよう気をつけることだ。それと、指輪の魅力に取り憑かれると依存症を引き起こすらしい。実際、コレクター癖の赴くまま集めまくって廃人に成り果てた愚か者もいるそうだ。くれぐれも気をつけてくれたまえ。

他の仕事といえば、人材派遣、進路相談、食レポ、こんなところかな?
地球の食べ物は実に興味深い。特にポップコーンは私のおすすめだ。あのゆとり王子が気に入っただけのことはある。


友人関係

私が陰湿だって?友達いないだろ、だって? ざぁんねん。陰湿かどうかはともかく、友達なら私にもいるさ。 仲違いして、もう長いことあっていないがね…。
その代わり、彼の息子の面倒は私が見ている。いやぁ、彼は実に面白い子だよ。最近は筋肉に興味を持ちだしたようでね…。違うタイプのマッチョを二人連れて現れるようになった。たぶん、自分がマッチョでないことに少なからずコンプレックスを抱いているのだろうねえ…鎧を着こんだり父親の制服のコスプレをしてみたり、自分を強く見せようと必死のようだ。そういう彼の真剣に悩む姿勢が、私は大好きなんだ。
迷い悩むということはつらく、苦しく、絶望に満ちている。だがその姿こそ生命があるべき、最も美しい姿だと私は思うのだよ。


関連項目














さて…

いかがだっただろうか?
何々?こんなアンサイクロペディアの何たるかもわからずユーモアのかけらも感じられない糞記事のせいで時間が無駄になったしラーメンものびてしまった、一体どうしてくれる、だって?

フフフ…フッフッフッフッ…ハッハハハハ…!!

嘲笑.png


愚かな人間どもだ…こんな調べれば出てくるような中身しか書いてない記事が、人生のためになるとかユーモアがあるだとかなんて、君たち本気で信じてたのか!?まさかそんな思考回路でここまで読んでいたとは思わなかった…いやぁこれは傑作だ…ハハハハハ!!! あー、腹痛い…。

ともかく、この記事を読もうが読むまいが最初から得るものなど何もなかった、君たちは人生の貴重な時間を無駄にした、ということになる。
残念だけど、君たちが無駄にした人生は取り戻せないし、のびたラーメンだって元には戻らない。私にはどうしようもないことだ。
まあ人生先のことはわからない。これからも精々頑張ってくれたまえ。

さて、君たちの愚かさがよぉくわかった以上、もうこの世界への興味も失せた。人生の貴重な時間を無駄にしたくはないのでね。この辺で失礼させてもらうよ。
それじゃ、お元気で。

逃亡.png

フフフフフ…ハハハハハハハハハハ…!!!

終幕.png
UltramanA.jpg ウルトラマントレギア未完成だ。編集を忘れないでくれ。
互いにいたわり、どんな記事も大切にする心を失わないでくれ。
たとえその気持ちが何百回裏切られようと。それがわたしの、最後の願いだ。 (Portal:スタブ)