エイドリアン・スーティル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エイドリアン・スーティル」の項目を執筆しています。

エイドリアン・スーティル(Adrian Sutil, 1983年1月11日 - )は、おそらく史上初のピアニスト兼F1ドライバーである。・・・と思ったが、ピアノが弾けるF1ドライバーはマレーの実験の犠牲になった奴とかガードレールの強度測定の犠牲になった奴とか居たような。まあいいか。(二束のわらじを履いているドライバーは現在、板前修業中のF1ドライバーがいる。)

愛称は「スー様」。父はバイオリニスト、母はピアニストという音楽一家である。 しかし彼はエンジン音が、ピアノの音より好きなんだとか。 あと、経歴の中に全日本F3選手権チャンピオンという、ざっくり言えば「日本一速い男」という肩書きがあるのだが、実は板前修業中のF1ドライバーの相方、デラロサおじさんフォーミュラ・ニッポンチャンピオンというまぁ簡単に言えば「日本一速い男」という肩書きを持っているのだ。

デビュー編[編集]

先ほど紹介したように日本で培った技術を糧に、2007年にF1ドライバーとしてスパイカーといういかにも名前からして胡散臭いチームからデビューするも、マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常にベッタ争いである。 しかしそんな中、かの色んな意味で有名な富士スピードウェイでは9位でレースを終え、後に相方となる8位のぺヤング門下生のペナルティにより8位に繰り上がり、F1での初入賞を果たすとともに、スパイカーに初ポイントをもたらしたのだった。この頃から雨男として周りに認知されることとなる。

が、翌年彼は別の意味で有名になってしまう

フォースインディアにて[編集]

スーティルは2008年、スパイカーを買収したフォース・インディアと契約。チーム名こそ変わったものの、昨年同様マシンの競争力不足は変わらず、予選・決勝ともに苦しんだ。 マシンの信頼性や自身のミス、相方の不運男による不運のおすそ分けなど様々な要因があったが、結果的に全18戦中11回のリタイアを喫してしまいシーズンをノーポイントで終えてしまった。

結果だけ見ると見向きもされないはずなのだが、この年のモナコで起きた事件のせいで、彼は悲劇のヒロインドライバーとして世界中から注目を浴びる羽目になってしまう。

悪夢の瞬間[編集]

雨の中非力なマシンで終盤まで4位を走行し、このままチェッカーを受ければ「うっひょひょーい」とチームも自身も狂喜乱舞するはずであった。 しかし、彼の後方にいたのはあろうことかあのフィンランドの酔っ払いだったのである。すで千鳥足でマシンを操るこの酔っ払いに前方確認など出来るはずがなく、 レース終盤にライコネンがスーティルに追突。不運にもスーティルはリタイヤとなってしまい、「せっかくの4位が・・・あぁ、チームの初ポイントが・・・・」と彼はピットで号泣した。黄旗無視にはこの際目を瞑っておこう。

余談だがその酔っ払いはレース終了後、スーティルに「まぁ飲めや」と、アキバ系ブラジル人から強奪した飲みかけのシャンパンを勧めたという。 その後、彼の部屋から悲しみを感じるピアノの音が聞こえてきたとか聞こえてこなかったとか。

悪夢の瞬間再び[編集]

2009年、引き続きフォース・インディアから参戦。相変わらずマシンの競争力は不足しており苦戦を強いられているも、雨の中でのレースとなった第3戦中国GPでは終盤に6位まで浮上し「やっぱり雨男は雨男だ!マッサはマッサ!」と雨での速さを見せ付けた。 しかし残り6周となった所でクラッシュしてしまい、チーム初ポイントはまたおあずけとなった。

ポイントゲットのチャンスはすぐにやってきた。ドイツGPでは自身最高の7番手につけ、決勝では1回目のピットストップまでに2位まで順位を上げ、一位のセカンドクラブ会長の真後ろに着いた。 このまま行けば入賞どころか表彰台も狙える位置である。このままいけば。

ピットストップを終え、後はゴールに向かってひた走るのみ・・・と意気込んでいる彼の目に飛び込んできたのは、またもフィンランドの酔っ払いであった。なんと、またもやこの酔っ払いと接触し入賞が水の泡と化したのである。 去年のモナコといい、このドイツといい、本当にこの酔っ払いによく絡まれる男である。

その後もフィジケラがチームにとって初表彰台をプレゼントしたベルギーでも、優勝したのはキミ・ライコネンであったし、自身初のファステストラップを叩き出したイタリアでも、最後までライコネンを抜くことは出来ずじまいであった。

漫画でいうライバルといえば聞こえがいいが、スーティルにとってライコネンはもはや疫病神にしか見えない。

2010年も引き続きもう弱小とは呼べなくなったインドチームから参戦。酔っ払いが飲酒運転のため免停となり、グリッドから去ったためか成績はすごぶる好調である。

ビブ君.png この項目「 エイドリアン・スーティル 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)