エスカレータ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
エスカレーターから転送)
移動先: 案内検索

エスカレータとはトレーニングマシンの一種で、ランニングマシンを階段の上り下りに応用したものである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エスカレータ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

トレーニングジムに設置されているランニングマシンは、エアロバイクと同様、有酸素運動を行うことを目的としている。しかし、それらは運動と共に著しい発汗を伴うためあらかじめ準備(スポーツウェアの着用や汗拭きタオルの持参など)をしてから使用しなければならず、なかなか自分の時間が取れない社会人にとって、日常生活の一環として積極的に有酸素運動を取り入れることは困難であった。

そこで、運動量を保ったままで発汗量が抑えられ、着替えを必要せずに有酸素運動が出来るトレーニングマシンの需要が求められた。その結果発明されたのがエスカレータである。

エスカレータは、大手スポーツ用品メーカーの共同開発によって1978年に完成した。当時はトレーニングジム内での運用が中心だったが、近年の健康志向の高まりによって、オフィス内やショッピングセンターなどにも設置されるようになった。現在ではサラリーマン主婦などを中心に愛用されている。

構造[編集]

ステップ
一般的な階段に比べて段差が急であるため、太もものシェイプアップに効果的である。
ステップの周りにある黄色い線を踏むと、サンダルが巻き込まれるなどの事故につながるためやるべきではない。
手すり
危険防止のため、手すりにつかまりながら運動するほうが良い。しかし物によっては手すりに体重を掛けすぎるとずるずると移動してしまうことがあるので注意が必要である。手すりが動くと前の人がびっくりするのでわざと体重をかける者もいる。しかし調子に乗って体重をかけ過ぎると凄い音量でブザーが鳴って(ry 筆者は必死で逃げました。
物置き場
種類によっては、手すりの外側に物を置くためのスペースが存在することがある。主にタオルスポーツ飲料などを置くために使用する。

尚、エスカレータは本来止まって乗るように設計されているので、走ったりドスドス歩いたりしてステップが落ちて怪我したり、バランス崩して落ちても自己責任なのでエクストリーム・謝罪に発展しません

使用方法[編集]

トレーニングジムに設置されている一般的なエスカレータ

エスカレータの使用方法はランニングマシンとほぼ同じだが、ランニングマシンと異なる点は、上り用と下り用の 2 種類があることである。ステップが下に向かって動いているものが上り用、上に向かって動いているのが下り用である。上り用エスカレータを例にとって、その使用方法を解説する。

  1. エスカレータの上端に行き、ステップに乗る。
  2. 同時に利用する者のために、右か左のどちらかに寄る。関東では左側、関西では右側に寄るのが暗黙のルールとされている(京都市を除く)
  3. そのまま動かずに、空いている場所まで移動する。
  4. ゆっくりと方向を変え、手すりにつかまる。
  5. そのまま自分のいる場所が動かないよう、ひたすら上に向かってステップを上り続ける。

下り用では、はじめにエスカレータの下端から乗ることを除いて、使用方法は上記と同じである。

  • 尚、エスカレータは本来止まって乗るように設計されているので、走ったりドスドス歩いたりしてステップが落ちて怪我したり、バランス崩して落ちても自己責任なのでエクストリーム・謝罪に発展しません

同時使用[編集]

駅ではエスカレータも上り用・下り用が並行設置され、複数台置かれることもある(永田町駅)

エスカレータの長さにもよるが、一般的に運用されているエスカレータでは、一台あたり4人から5人程度が使用することが出来る。 一台のエスカレータを複数で使う場合は、上下の使用者と少なくとも2メートルの対人距離を空けることがマナーである。 初心者の場合は、さらに1メートル程度の余裕を持つほうが良い。 近年、マナーの悪化によって他人とぶつかり転倒する事故が後を経たないため、設置場所に注意書きが書かれることが多くなった。

  • 尚、エスカレータは本来止まって乗るように設計されているので、走ったりドスドス歩いたりしてステップが落ちて怪我したり、バランス崩して落ちても自己責任なのでエクストリーム・謝罪に発展しません

関連項目[編集]