エスプレッソ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

エスプレッソとは、スープカレーの原液である。

概要[編集]

エスプレッソは採りたてのコーヒー豆(生豆)を細かく砕き、豆自身が保有していた水分だけを用いて練ったものを腐敗させ、ここから液体を抽出したものである。通常は湯や水で割ったもの(スープカレー)を飲用するが、好事家のために、デミタスカップと呼ばれる小さな容器に注がれて供出されることがある。これは、バリスタソムリエのようなサービスを取り扱わないことに由来する。

ソムリエが雇われているレストランでは、「下痢うんこを飲む」という行為自体の格調が高くなる。しかし、コーヒーを飲む際にこうした専門のサービスマンが付くことは無く、歯が茶色く染まるごとに飲用者の格が下がっていくだけであった。また、缶コーヒーは爆発的人気を得てゴミ箱を圧迫するとともに、近辺をニコチンタールによって汚染させるという劣悪なイメージを不動のものにしている。こうした負の面を是正するためにはやはり、「正しい飲み方」あるいは「通の飲み方」が与えられる必要があったのである。やがて、品位を探求するカフェや喫茶店はエスプレッソマシンの導入を余儀なくされた。かくして、コーヒーはエスプレッソを自分で割って作るのが通、という認識がコーヒーファンの間で広まったのである。

誤飲[編集]

エスプレッソが原液であることを知らずに注文し、誤ってそのまま飲んでしまう場面がよく見られる。またウェイターに「これは飲み残しではないのか」などと訊いたり、出された分量と価格があまりにも釣り合わないことからぼったくりだと誤解してしまう客も少なくない

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エスプレッソ」の項目を執筆しています。