エタンチオール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

エタンチオール(ethanethiol)とは、組成式CH3CH2SHで表わされる有機硫黄化合物であり、アレを濃縮したような臭いを放つ事で有名である。

概要[編集]

ギネスブックにおいて世界一臭い物質として認定されており、その臭いの強さゆえしばしば兵器として用いられることもある。また、人肌で気化するという性質も相まって、対人戦において非常に重宝されている。

作り方[編集]

もっとも一般的で簡単な合成方法について解説する。

  1. タマネギニラを大量に用意し、それを具材にカレーを作る。
  2. 出来上がったカレーを適当な人間共(156人ほどが良い。なおhydeの身長は156cm)に経口摂取させ、数時間から数日後に肛門より回収する。回収までの時間が長ければ長いほどよいと言われている。[テストに出るよ!]
  3. 回収したカレーを鍋に移し、これを火にかけながら三日三晩ねるねるねるねしてペースト状になるまで濃縮すると完成する。
なおねるねるねるね中に居眠りしてしまった場合、その起ちこめる臭気により検閲により削除

用法・用量[編集]

その激しい臭いから、主にテロ行為もしくは対人兵器としてに利用される。

ガス漏れ騒ぎによるパニック
このエタンチオールは、都市ガスの臭い成分であるターシャリーブチルメルカプタンと非常に似た化合物である。よって、微量のガスを大気中へと散布することにより、たちまちガス漏れ騒ぎが発生する。
また、ガス爆発を避けるため周辺の火元が閉じられ、これにより大幅なCO2排出削減につながるということが報告されている。
臭いによる戦意喪失
エタンチオールを染み込ませた物を敵に投げつけることにより、その凄まじい臭気によって戦意を喪失させる。茶色くて長くてほんのり温かいアレに似せた物に染み込ませることによって、威力が156倍に増すと報告されている。
近年多発している勤労の義務を放棄した容疑者による自宅への立てこもり事件の解決に最も効果的で、アメリカ大統領史上最も低いIQと言われる元ボス猿へと投げる靴に仕込まれていたもと言われている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エタンチオール」の項目を執筆しています。


この項目「エタンチオール」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)