エテボース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エテボース」の項目を執筆しています。
ポケモンWikiへようこそ♪
ポケットモンスター依存症患者のため、ポケモンWiki廃人たちが孵化作業の片手間に「エテボース」の項目を執筆してくれています。
特徴的な尻尾を持つ。

エテボースとは、ポケットモンスターの一種で、尻尾が特徴的なサルである。

概要[編集]

エイパムの進化系であり、一見では数多く居るサルポケモンの一匹にしか見えない。エテボースの名前の由来は、普通にはサルを意味する「エテ(得手)」+「ボス(bossまたはboth)」だと思われているが、本当は「エテ」+「坊主」である。では坊主とは何なのかというと、坊さんという意味ではなく「芥子坊主(芥子の果実)」を指す。画像を見れば分かる通り、2つの尻尾の先に大きな芥子坊主を付けていることから、このように命名されたのである。

このように、エテボースは本当はノーマルタイプのポケモンではなく、くさ・どくタイプのポケモンなのだが、この事実は一般のトレーナーには完全に隠蔽されている。しかし、ノーマルタイプなのにタネばくだんを覚えるため、一部の人間はエテボースが芥子坊主であることに気づいており、密かに本種を育成して尻尾のエキスを抽出し、それを検閲により削除しているという。[1]

中国で最も忌み嫌われているポケモンの一つで、本種を中国に持ち込むとトレーナーともども二度と帰ってこれなくなるので要注意。毎年、知らずにエテボースを中国に持ち込んだトレーナーが何人も粛清されました

関連項目[編集]

サル軍団[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特殊な処理を施したエテボースは、さらに普通には覚えないねむりごなどくのこなを使えるようになる。